〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2010年5月のフライト日誌

マニフェストの第三者評価(2年目)、結果発表!

4月24日に行なわれたマニフェストの第三者評価(2年目)の結果が、青森中央学院大専任講師の佐藤淳さん(マニフェスト研究所客員研究員)から届きました。

昨年(1年目の取り組み)は、総合59点でしたが、2年目は・・・69点をいただきました。

正直、本当に嬉しいです。

多分、期待値も込めてのことだと勝手に解釈しておりますが・・・その分、3年目の抱負に掲げた具体的な取り組みを一所懸命に、実現したいと決意を新たにしています。

佐藤さんには、ご多用の中、詳細に渡り評価いただきまして本当にありがとうございました。

なお結果は、マニフェスト通信簿(マニフェスト評価シート2010)でご覧いただけますが、詳細は自己採点・取り組み評価(PDF)の方で、ご検証いただければと思います。

以下、今回のマニフェストの評価手順です。

●議員版マニフェスト評価手法について

早稲田大学マニフェスト研究所   客員研究員

青森中央学院大学 経営法学部    専任講師 佐藤 淳

今回、太田博之三沢市議会議員の議員版マニフェストの評価を実施するに際して、以下の評価手法、採点基準を採用した。なお、今回の議員版マニフェストの評価にあたっては、マニフェストの実現度の評価とともに、議員活動全般についての評価を合わせて実施することにより、マニフェスト型議員活動、つまり、マニフェスト・サイクルを意識した議員活動の実践の状況も合わせて、検証、評価することとしている。

1 評価手法

今回の評価は、当選2年目(2009年4月~2010年3月)のマニフェスト型議員活動の評価であることを基本とする。なお、太田博之議員が行ったマニフェストの自己評価を基に、それぞれに対してヒアリングを実施することにより第三者評価を行っている。

評価は100点満点で採点し、80点が採点基準によるもので、残りの20点が評価者の判断(マニフェストの取組全般)で採点する。採点基準に伴う80点の内訳は、①マニフェスト実現への取組60点、②議員活動の情報公開10点、③マニフェスト実現に向けた自己啓発の取組10点とする。昨年の第三者評価においては、1年目の評価と言うこともあり、マニフェストの形式的評価も評価対象(配点20点)としたが、今回は2年目でもあり、その項目を評価対象から外し、よりマニフェスト実現への取組の評価に重点を置いた配点とした。

2 採点基準(チェックポイント)

①マニフェスト実現への取組 (60点)

・議会の一般質問、委員会質問でマニフェストの内容を取り上げている

・議会で質問として取り上げるだけでなく、実現へ向けて様々な動きをおこしている

・活動の成果として、条例制定、予算割り当て、業務改善など具体的に実現した

・市民レベルで、マニフェストについて成果が上がったと実感できる

②議員活動の情報公開 (10点)

・マニフェストについて市民に十分説明している

・日頃の議員活動について、何らかの形(HP、ビラ等)で市民に情報公開をしている

③マニフェスト実現に向けた自己啓発の取組 (10点)

・議員の政策力強化の為、研修会等に主体的に参加している

・党派を超えた議員間のネットワーク構築を行っている

④マニフェストの取組全般 (20点)

・マニフェスト型政治、議員活動への意欲

・マニフェスト・サイクルを意識した取組を実施している

2010年4月30日

「みさわ未来」第2回研修会の開催

CIMG43168日(土)午後3時から、ふれあいの館に於いて、北海道松前郡福島町の議会事務局長、石堂一志氏を講師に掲題の研修会が開催されました。

議会改革を活動の第一に掲げている「みさわ未来」としては、“日本一開かれた議会”として名高い福島町議会の取り組みを直接聞けることは、本当に嬉しい限りです。

また、今回の研修内容について賛同をいただき、馬場議長、川代議会事務局長、村井次長の3名の方々がオブザーバーとして参加していただきました。(お休みにも関わらず本当にありがとうございました)

※青森中央学院大の佐藤さん(マニフェスト研究所客員研究員)も、アドバイザーとして出席していただきました。

さて、研修会では、石堂事務局長さんから以下の4つの項目についてお話がありました。

CIMG43191、協働の町づくりへ 福島町議会の取り組み

2、今、議会と行政は住民から何を求められ、どのように応えるのか

3、会派と地方議会

4、求められる議会事務局の役割

 その後、会員からの質疑に石堂さんが答えるという形で進みましたが、石堂さんのお話しを聞くというよりも、議論する場面も多々ありました。

議会改革の必要性は基より、議員としての在り方や、議会事務局としての対応の仕方などなど・・・率直に意見交換が行われたことは、石堂さんのお人柄であり、実績におごらない謙虚な姿勢がそうさせたのだと思っております。

今回の研修で、私自身が一番感じたことは・・・現状の三沢市議会では、福島町のような議会改革を行うことは、大変難しいことだと思いました。

しかし、三沢市議会としての改革への情熱は、決して劣るものではございません。

既に、三沢市議会でも様々な改革を進めてきていますが、今一番必要なことは、今後の三沢市議会の使命と存在意義を今一度見直し、改革の優先順位を明確にすることではないでしょうか。

三沢市議会議員20名のコンセンサスを大切に、決して焦ることなく、出来ることから計画的に進めて行きたいと思います。

最後になりましたが、ご多用の中、ご来三いただきました石堂さんには、この場を借りて心からお礼申し上げます。

本当に、ありがとうございました。

光星学院ラグビー部、歴史的勝利!

CIMG4308昨日、県高春季ラグビー大会が、三本木農業高で開催されました。

冷たい雨の中、私の二男、祐次郎が主将(NO.8)を務める光星学院が名門、三本木農業高校を10対7で降し・・・創部以来、初めて三本木農高に勝利すると同時に、Aブロック初のベスト4に進出いたしましたヾ(〃^∇^)ノ

これまで、何度も応援に行っておりましたが・・・なかなか勝利することが出来なかったチームが、本当に粘り強い試合をしてくれました。

※最後の1分で1トライ、1ゴールで逆転勝ち(・・*)ゞ

今日は、初の決勝新進出を掛けて青森工業高校との試合です。強豪相手に勝利は難しいと思いますが、1点でも多く・・・諦めず、持っている力を出し切ってくれることを望んでいます。

しかし・・・今日は、三沢市議会会派「みさわ未来」の研修会があって応援には行けません(´_`。)

本当に残念ですが・・・祐次郎!がんばれっ!!

議会改革に関わる審議機関の設置

CIMG43037日(金)午前10時から、第2回定例会の日程について協議する議会運営委員会が、市役所4f会議室で行われました。

また、議会改革について議長より、本定例会に於いて議会改革を含む行財政改革の審議機関を設置する旨、改めて報告がありました。

これで、少なくとも来年の3月までには、議員の定数並びに報酬等について、結論が出されることになります。

私は、そのことについて「原則公開」ではなく、議員一人ひとりの議論を市民の皆様に全て公開し、決定プロセスをオープンにしていくことを要望しました。

堤委員長並びに馬場議長からは、「その様に考えている」との認識を示していただけましたので、今後は、議会費全体の見直しを全てオープンにし、市民の皆様のご意見も取り入れながら議会改革が進むことになります。

最後になりましたが、第2回定例会(6月議会)日程は以下の通りです。

▽5月27日(木)召集告示(議案配布)

▽5月31日(月)一般質問通告締め切り

▽6月1日(火) 議会運営委員会(一般質問の登壇順の抽選)

■6月7日(月) 本会議(開会)

■6月10日(木)・11日(金)一般質問

■6月14日(月)・15日(火)特別委員会

■6月17日(木)本会議(閉会)

前田さん、弘前城の夜桜に感激!

CIMG42965日(水)・・・グライダーの主翼の完成を受けて、午後から前田さんと名久井部長と弘前城の夜桜見物に行ってきました。

夜桜は、私にとっても本当に久しぶりです。

今回は、前田さんの慰労も兼ねてということでしたので、特別に菊富士さんのお花見弁当も注文しておりまして・・・実は、菊富士さんの若社長は、青年会議所時代にブロックの委員会で一緒に活動した仲間だったのですが、なんと追手門にお弁当を届けてくれたのが彼だったのです(驚)。

っうことで・・・ひょんなことから、十数年ぶりの再会となりました(*^^*)/

しかし、私の今夜のミッションは、ハンドルキーパーです。よって、美味しいビールはお預けでしたが、本当に楽しく感動的なお花見をさせていただきました。

しかし、どう考えてもオヤジ3人のお花見は・・・絵にはなりませんね(笑)。

ちょっと足元は寒かったですが・・・花の状態もお天気も最高!! 前田さんへの神様からのプレゼントに、ちゃかり便乗した私と名久井部長でした。どんとはれ(゚0゚)(。_。)

主翼のリブ付けが終了!

20100506090003予定より早く・・・5日(水)、写真のように主翼のリブ付けが終了しました(*^^*)

3月の下旬から、少しづつ・・・

前田さんのご指導もあって、ようやくグライダーの形を実感できる代物(複葉の一枚分の主翼)が完成しました。

そして、前田さんが次の指導に来る(6月中旬)まで、同主翼をもう一枚自力で製作しなければなりません(汗)。

まだまだ・・・葛藤は続きますが、間違いなく一つの山は越えた気分ですね!

“アクティブギャルズ”CHicK-URXの展示!(三沢航空科学館)

D1000005

5月3日、三沢航空科学館のAVホールの壁面に、“アクティブギャルズ”製作のジャンボ紙飛行機CHicK-URXが、新たに展示されました。

“アクティブギャルズ”の吉川さんと琴乃さんは、30時間も掛けてフェリーを乗り継ぎ、兵庫県から同紙飛行機を運搬してくれました。

また、到着次第、休む間も無く紙飛行機の組み立て、展示と・・・本当にお疲れ様でした。

“アクティブギャルズ”さんとは、一昨年前にCHicK2000の展示の際にも大変お世話になりまして・・・そして、その縁で今回の展示となった訳ですが、新たなモニュメントとして人気スポットとなることでしょう。

“アクティブギャルズ”の関係者の方々に対し、この場をお借りして心から御礼申し上げます。

以下CHicK-URXの紹介です(“アクティブギャルズ”資料より)

ジャンボ紙飛行機 CHicK-URX

CHicK-URXは、日本紙飛行機協会が主催する 第16回ジャパンカップ 全日本紙飛行機選手権大会(2009年11月1日(日):東京都武蔵野中央公園)のジャンボ紙飛行機競技の規定に則り、“アクティブギャルズ”1が設計・製作した紙飛行機です。

主翼に緩い前進角、双胴、逆V字型で後退角付きの尾翼等で構成された独特のフォルムの機体です。材料は重心位置を調整するために機首に搭載された2kgの鉛の錘以外は、全て紙(段ボールを含む)だけで製作されています。当部門で飛行に成功した数々の機体の中でも最大の翼長を誇っています。

飛行は、“アクティブギャルズ”の7名のメンバーが20mの助走の後に手投げで出発し、追い風の中を見事に20.0mを滑空、優勝しました。現在『かかみがはら航空宇宙博物館』に展示されているジャンボ紙飛行機CHicK-GRX(翼長7.6m)による第15回大会の優勝に続き、2連覇を達成しました。

※1 “アクティブギャルズ”は、当館が保有する人力飛行機CHicK-2000を設計・製作・飛行させたチームです。





弘前城は・・・ジャスト満開です!

2010050313440000父の1周忌に、栃木の親戚を弘前城のお花見に連れて行って以来・・・6年ぶりに、埼玉から一緒に車で帰省していた姉と姪っ子を連れて、弘前城に行って来ました。

予報どおり・・・晴れ!気温も20度近く上がったのでしょうか!?半そでシャツで大丈夫!!

そして、桜はジャスト満開! この時期の満開に合わせて来られるのは、中々・・・出来そうで出来るものではありませんよね。

本当に、姪っ子たちも、本当に喜んでくれて(^m^ )、記憶に残るお花見になりました。

だた・・・心残りが一つ。

岩木山が、春霞で・・・ぼんやり見えるだけで・・・。

満開の桜のバックに、あの雄雄しい岩木山が在るのと、無いのでは・・・それだけが残念でしたが、それは贅沢というものです。

思わず・・・岩手山(岩木神社)に向かって皆の健康をお祈りさせていただきました。

私は、誰が何と云おうと・・・弘前城の桜は、日本一だと思います(*^^*)

今日は終日、グライダー製作です

理事長1今日は、前田さんと篠塚さんと、終日・・・『前田デッキ』でグライダー製作に汗を流しました・・・。

ず~っと立ちっぱなしの作業 は、思ったより大変です(汗)。

二人の、邪魔にならないように頑張りました(笑)。

ゴールデンウイークの最終日・・・9 日には、主翼の一枚の骨組みが完成する予定です!

命名!『前田デッキ』除幕式

20100501084741以前から、ブログで紹介しておりましたプライマリーグライダーの製作スペースを・・・

前田様のご功績とご協力に対し、感謝と敬意をこめて

~FULY TO THE FUTURE~ 『MAEDA DECK』 と命名しました。

子ども達の『未来』に向かって羽ばたく、この『前田デッキ』を通じて“ものづくり”をサポートし、科学館の体験型の拠点として活用して参ります。

本日、5月1日(土)三沢航空科学館のスタッフの見守る中、記念のエンブレムの除幕式を行ないました。

大柳館長にも・・・勿論、前田さんにも『前田デッキ』と命名したのを伏せての除幕式です。P5010030

エンブレムの幕が取られ・・・司会者から『前田デッキ』と命名します!とのアナウンスで、大柳館長は大きくうなずき!前田さんは、なんとも照れくさそうな顔をしていました。

実は・・・前田さんは、グライダーの製作指導のために4月の28日から来三し、毎晩遅くまでご指導いただいていた中での今日の除幕式・・・。

前田さんの嬉しそうな顔を拝見して、こちらも『前田デッキ』の名前に恥じない立派なグライダーを造ろうと・・・思いを新たにしたところです。

皆さんも、三沢航空科学館の『前田デッキ』に遊びに来てください。いつも大歓迎です!!

Page 3 of 41234