〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2010年7月の活動日記

プライマリーグライダーは風に弱い

今日、プライマリーグライダーの製作の後、今年初めて行なうプライマリーグライダー大会((仮称)MISAWAスカイフェスタ)の会場を前田さんに見てもらいました。

前田さん曰く「最高の場所ですね!しかし、3m以上の風が吹いたら・・・中止した方が良いだろう」とのことでした。

3mといったら・・・微風の風です。

木々の枝が揺れると、大体5m前後と言われていますので正直驚きました。

また、自分自身の知識の無さにも正直、情けなくなりました。

今まで考えていたタイムスケジュールを大幅に見直さなければなりません。

それは・・・毎年その会場は、午後から風が強くなる所だからです。

また、初めての経験でもありますから、慎重に事を進めなければいけないと・・・改めて“安全”ということを全面に内容を組み立て直したいと思います。

子ども達に感動を与えるために・・・そして安全に・・・今一度、初心に帰って考えなければなりません。

終日・・・グライダーの製作

20100719100309

本日、三沢市の最高気温33度・・・外は、生温~い風が吹いてます。

しかし、三沢航空科学館はエアコンが効いて・・・とても快適です。

そんな中、18日から三沢に来ている福岡市の前田さんと、我ら「テイクオフみさわ」のグライダー製作部隊と一緒に終日グライダー造りに汗してました。

9月末までの完成を目指し・・・今週末には、いよいよ胴体の組み立てが始まります。

写真は、主翼のコーナーの位置に航空べニアを張る前田さんです・・・。

今、主翼の作業は航研機の主翼の下で行っています(汗)。

なお、前田さんは25日(日)まで滞在し胴体の組み立てまで指導していただきます。

前田さん・・いつも本当にありがとうございます。

青い森カヌーフェスティバル前夜祭

17日(土)午後6時から小川原湖畔で「第9回青い森カヌーフェスティバル」の前夜祭に行ってきました。20100717181958

このフェスティバルは、約15年ほど前・・・三沢青年会議所が「南部州デザイン会議」(道州制をにらんでの広域集合体)の一貫として「小川原湖ロマン会議」を一市二町一村の商工会青年部等と立ち上げ企画したもので、今年で9回目を数えます。

前夜祭は、参加者との交流とJC家族の交流(家族例会)を併せて行なっていましたが・・・ここ数年は、家族例会ではなく有志の参加となっているようです。

実は、私もこの前夜祭に参加するのは4年ぶりくらいになりましょうか・・・。

立ち上げ以来頑張っているメンバーも多々おりまして・・・久しぶりに、小川原湖畔の雄大な気分の中、美味しいビールをいただいて参りました。

写真は、その時の小川原湖の幻想的風景です・・・。三沢市は、本当に自然に恵まれた最高の“まち”だと改めて感じました。

会派「みさわ未来」ホームページがOPEN!

三沢市議会 みさわ未来

議会が変われば三沢の未来が変わる

子どものしあわせが広がるまち

議会が変われば三沢の未来が変わる!

会派「みさわ未来」のホームページがついに完成し、本日めでたくOPENいたしました。

これからメンバー一丸となって『開かれた議会』を目指し、このHPを活用し情報公開をして参ります。

どうぞ、見てやってくださいまし。

※HPを担当した私とすれば・・・80点は付けられるのではと思っていますが・・・(汗)。

 いかがでしょうか・・?

ちなみに、私のHPのトップページにも、勿論リンク張っています(笑)。

三沢・強盗致傷事件(21年11月)の新たな展開

15日(木)お昼のTVニュースで、「三沢市において、昨年11月に発生した強盗致傷事件で、同市のN容疑者が暴力団に犯行を依頼した疑いで逮捕」と、報道されました。

一瞬、「えっ・・」という感じでしたが、これからこの事件に関して、一体どの様な対応をしなければならないのか・・・考えてしまいました。

 市民と暴力団との関わりが、社会問題になっている昨今・・・。

『三沢市の安全・安心のまちづくり』の観点からも、当然、当市に於いても厳格に対応していかなければなりません。

『ミュージアムキャンプ』の参加者募集

NPOテイクオフみさわ主催によるミュージアムキャンプin三沢航空科学館 …「三沢航空科学館に貸切りで泊まろう」の参加者を募集しています。

カヌー体験あり、天体観測あり、水ロケット大会あり・・・と、チョ~欲張りな“夏休み企画”です。

以下、大まかな内容です。

興味のある方は至急!県立三沢航空科学館(℡0176-50-7777 担当:名久井・横田)へ連絡あれ!!

■開催日:平成22年8月7日(土)・8日(日)の1泊2日

■参加資格:健康で身の回りのことを自己管理できる、小学4年生以上~中学3年生以下(子供対象)

■応募人数:先着30名 ※先着30名様で締め切ります

■募集期間:平成22年7月11日(日)~平成22年7月24日(土)まで

■参加費用:お一人4,000円(イベント費用、保険費用、食事代・昼食・夕食・朝食、飲み物他含む) 

※開催当日、前日のキャンセルは、全額お客様の負担となります。(変更がある場合はお早めにご連絡ください。)

申込方法:電話(0176-50-7777営業係)またはFAX(0176-50-7559)で(参加者氏名、性別、学校名・学年、〒住所、電話番号、保護者氏名を記入

※スケジュール:都合により、変更することがあります。

【8月7日(土) 

9:30~ 受付(集合時は運動靴着用)

10:00~ オリエンテーション

10:30~ アイスブレーク(参加者が仲良しになれるゲームを行ないます)

12:00~ 昼食(お弁当、食後は小川原湖へ移動)

13:00~ カヌー体験(シャワータイムあり、※雨天決行)

15:30~ 科学館へ移動

16:00~ グライダー製作

17:00~ 夕食(カレーライス作り)

18;30~ 寝床確保(展示場内貸切)

19:30~ 天体観測会(雨天時:AVホールにてサプライズ企画)

21:00~ 就寝

【8月8日(日)】    

5:30~ 起床

6:00~ ウォーキング、ラジオ体操

7:00~ 朝食(ホットドック他・軽食)

8:00~ 水ロケット製作

9:30~ 水ロケット大会(感想文作成 雨天時:ヨシ笛・ヨシ筆作製)

11:30~ 表彰式

12:00  解散

 ■その他:持参していただくもの

 ペットボトル容器3本(使用済み空容器・炭酸1.5リットル用、キャップ不要)

寝具(寝袋など)、洗面入浴具、包丁(夕食準備に使用)、ビーチサンダル(カヌー体験時に使用)、常備薬、帽子、着替え(昼・シャワー後、夜・ジャンパー、濡れ物入れポリ袋)、

旅行カバン

※携帯電話、ゲーム機、現金など貴重品の持ち込みはご遠慮願います。

会派「みさわ未来」のホームページ・・・!

会派「みさわ未来」のホームページがいよいよOPENします。

タウンミーティングでも、市民から「会派の情報公開の一端としてホームページを立ち上げるべき」との、ご意見をいただいておりました。

実は、結成時期からHPについては作業を進めておりましたが・・・

ここに来て、ようやく概要が固まり来週中にはUPする予定です。

その際は、ブログでお知らせいたしますのでブックマークしてくれたら嬉しいです。

JAL折り紙飛行機教室(宇宙少年団みさわ分団)

紙飛行機11日(日)午前10時より県立三沢航空科学館の格納庫に於いて、日本宇宙少年団みさわ分団の7月の活動を行ないました。

こんたびは、日本航空(JAL)さんのご協力をいただき「折り紙飛行機教室」並びに、「航空教室」を開催いたしました。

JALさんからは、青森支店長の小谷さま初め・・・

パイロットのキャプテン、キャビンアテンダントさん、整備士さん、事務スタッフほか、営業の方々総出で参加していただきました。

私も、8班のサポーターとして参加しましたが、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

皆さん!折り紙飛行機って・・・本当に奥が深いんですよ(汗)。

今回は、ヘソ飛行機を折ってプチ競技まで行ないましたが、保護者の方々の方がムキになっていたような気がしています(笑)。

何れにしても、子ども達と過ごす時間は本当にあっという間ですが・・・

子ども達と接していると、彼達の無限の可能性のパワーを貰っているようで元気100倍です!!。

最後に、今回ご協力いただいたJALのスタッフの皆様に、この場をお借りして心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

なお、折り紙飛行機の距離競技の優勝者には、スペースシャトル型の特大の折り紙飛行機がプレゼントされました。 私も・・・ほ・し・い(涙)。

太田博之 『月刊ガバナンス』8月号に登場!?

201007091543399日(金)午後3時より青森中央学院大学専任講師 佐藤淳(早稲田大学マニフェスト研究所役員研究員)さんの研究室に於いて、月刊ガバナンスの千葉編集長さんから“地方議員版マニフェストの第三者評価”について、これまで佐藤さんから第三者評価を受けた私と、能代市議の安岡明雄さん、元八戸市議で昨年の八戸市長選へ初出馬した三浦博司さんの三人が取材を受けました。

取材は、約3時間行なわれ・・・内容によって討論的な場面もありましたが、改めて第三者評価を振り返ることによって気づかされることも多く、とても貴重な時間をいただきました。

内容につきましては、是非ともご購読くださいませ(笑)。

さて今回、ガバナンスに取り上げていただけるだけでも光栄なことですが、今後の議員活動において、大きな励みとなることは言うまでもありません。

これからも佐藤さん共々、健全なマニフェストサイクルを廻すための「第三者評価の推進」について頑張っていこうと思います。

最後になりましたが、お忙しいところ取材に来ていただきました千葉編集長さんに心からお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

第40回青森ブロック協議会会員大会(JC)

ブロック10日(土)三沢市公会堂並びに県立三沢航空科学館を主会場に掲題の大会が開催されました。

正式名は「公益社団法人日本青年会議所 東北地区 青森ブロック協議会~第40回青森ブロック協議会会員大会inMISAWA」と・・・

長~い、名称の集まりです(汗)。

以下、全体のプログラムを紹介します。

■我が故郷(まち)“あおもリズム”推進フォーラム

○第一部 田母神俊雄講演会 「地域力は人材力」~地域力無くして国家の再生ならず~

○第二部 パネルデスカッション 地域の魅力「継承・創造そして未来へ」

■青森ブロック会員拡大アワード表彰式

■大会式典

■大懇親会

私も、久々に顔を合わせる県内8ロムのJC仲間達と・・・夜遅くまで楽しみました(笑)。

Page 2 of 3123