〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2010年12月のフライト日誌

新たなる挑戦!

2010年は、日本航空史100年の記念の年でした。

そして、来年は世界の航空史に燦然と輝く、ミス・ビードル号による世界初太平洋無着陸横断飛行(1931年10月4日)から80周年の記念の年を迎え、三沢市の最大イベントとなるミス・ビードル号再現飛行(デモフライト)が計画されております。

また、統一地方選挙(4月10日)に於ける青森県議会議員選挙、並びに6月には三沢市長選挙も行なわれ政治的にも重要な年でもあります。

さて、私は昨年の大晦日のブログでは、以下のように決意を表わしました。

【挑戦】

人に負けてもいい

しかしやるべきことをやらない

自分の心の弱さには

絶対負けたくない

私自身この1年間を振り返って見て、手前味噌ですが「自分の心の弱さ」には、何とか闘ってこれたのではないか・・・そう思っています。

政治は今、大きく変わらなければなりません。

特に、古い政治体質である「利益誘導的な権力への擦り寄り」は、第一に見直さなければなりません。

そうした中、真正面から闘ってきた結果・・・正直、私の周りからは多くの友人、支持者が離れていってしまいました。本当に悲しい事です・・・。

しかし、ここで妥協する事は政治家として決して許される事では無く、これまで闘って来たことを誇りに信念を持って、これからも邁進して行きたいと思います。

2010年の最後に、高村光太郎の「道程」の一節を掲載し・・・心に刻む!

                       2010年12月31日  

                              三沢市議会議員 太 田 博 之

ああ
人類の道程は遠い
そして其の大道はない
自然の子供等が全身の力で拓いて行かねばならないのだ
歩け、歩け
どんなものが出て来ても乗り越して歩け
この光り輝く風景の中に踏み込んでゆけ
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、父よ
僕を一人立ちにさせた父よ
僕から目を離さないで守ることをせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため


私の選んだ今年(三沢市)の漢字は「動」です!

2010年の今年の漢字は「暑」でした。

応募者の選んだ理由は・・・

記録的な「猛暑」日の連続により、熱中症にかかる人が続出、 「暑さ」対策の支出と野菜価格の高騰が消費者の生活を直撃したこと。

また、自然界では魚介類の不漁や、山で餌不足となった動物が人里に出没、 いつまでも続く「酷暑」に地球温暖化の警鐘を感じたという。

さらに、チリ鉱山のトンネル内落盤事故では、地中の「暑い」中から、 作業員全員が生還したことで人々は勇気づけられ、 「はやぶさ」は大気圏突入時の猛烈な「暑さ」に耐え、無事帰還し、 日本の未来への希望を届けた・・・などなど。

そうした中、私はこの1年を振り返ってみますと・・

まずは、一昨年の3月に三沢市議会の大会派「市民クラブ」を離脱した1年後の今年3月に、新会派「みさわ未来」が結成され政策部長に就任しました。

そして、そのあおりを受ける形で「市民クラブ」は分裂し、最終的に「みさわ未来」6名、「至誠会」5名、「市民クラブ」5名と3会派に別れ活動する事になりました。

このことは、取りも直さず三沢市議会が過渡期から新たな展開を迎えた瞬間でした。

正に、議会が動き出したのです!

その後、先般行われた第4回定例会(12月議会)では、執行部の提案した議案(MGIへの支援金)に対し、明確に各会派が、これまでの執行部追認議会から脱皮し、議論を重ねた結果、反対もしくは退席等の意思を表わしました。(結果は賛成11、反対4、退席3で可決)

これは三沢市議会では、20数年ぶりのこととなります。

地方議会の存在自体が市民から問われている現状の中・・・三沢市議会が、二元代表の一躍を担う為の大きな一歩を踏み出したと言っても過言ではないでしょう。

来年は、私が所属する「みさわ未来」の活動だけでなく、各会派が山積する三沢市の重要案件について、大いに議論する場の環境を整えなくてはなりません!

市民の皆様には、これまでの議会(会派)を評価の対象にするのでは無く、これからの議会のあり方を共に議論し、今後の議会(会派)の動きを注視していただければ幸いです。

そうした事から、来年以降も動き続けられる議員、議会でありたいと・・・希望も込めて、私は今年の漢字は「動」とするものです。

最後になりましたが、議会改革の本丸である『議会基本条例』の制定について、むつ市議会・青森市議会が特別委員会等を設置し既に動き出しておりますが・・・

私としては三沢市議会も、その動きに引けを取る事無く、来年早々には制定に向けた動きを活発化していきます。

地方議会議員年金制度見直しとは・・・?

12月28日(火)付けで、議会事務局(馬場騎一議長名)より「地方議会議員年金制度見直しに係る動向について(通知)」がFAXで送られれて来ました。

ここで、地方議会議員年金制度見直しについての総務省方針(12月3日)について掲載します。

1、基本的な考え方

(1)地方議会議員年金制度を廃止することとする。廃止の時期は、平成23年6月1日とする。

(2)廃止に伴う過去の債務の支払いに必要な費用の財源は、毎年度、現職議員の標準報酬総額に応じて、各地方公共団体が公費で負担することとする。

(3)平成23年通常国会に、廃止措置を講ずる法案を提出することとする。

2、廃止後の給付の取り扱いについて

(1)廃止時に現職である議員

①廃止時に年金受給資格を満たしている者(在職12年以上)

掛金総額及び特別掛金総額の80%の一時金の給付を受けるか、廃止前の法律の例により年金の給付を受けるか選択できることとする。

②廃止時に年金受給資格を満たしていない者(在籍12年未満)

掛金総額及び特別掛金総額の80%の一時金を給付する。

※廃止後の一時金の受給時期は、廃止後最初の退職時(任期満了を含む)とする

(2)廃止時に既に議員を退職している者

廃止時に既に議員を退職して退職年金の受給事由が生じている者については、廃止前の法律の例により年金受給を継続することとする。

(3)退職年金に係る給付の引き下げと支給停止措置

①退職年金が一定額を超える者に対する給付の引き下げ

(1)、(2)のいずれかの場合においても、退職年金の年額が200万円を越える者に給付する退職年金については、当該越える額の10%に相当する額を引き下げることとする。

②高額所得者に対する支給停止措置の強化

(1)、(2)のいずれかの場合においても、退職年金の年額と前年の退職年金等を除く所得金額(総所得金額ベース)との合計額が600万円を越える者に給付する退職年金については、当該越える額の2分の1に相当する額の支給を停止するとともに、最低保障額(現行190,4万円)を廃止することとする。

(4)遺族年金の取り扱い

遺族年金については、廃止前の法律の例により年金を給付することとする。

(5)平成23年1月以降の掛金分の取扱い

平成23年1月以降に退職して一時金を受給する者については、同月分から平成23年5月分まで支払った掛金総額及び

特別掛金総額の全額を一時金に算入する。

なお、廃止時に既に退職している者については、既に支給されている一時金との差額分を廃止時に支給することとする。

以上

私は元来議員年金廃止論者ですから、この方針については歓迎いたしますが、地方公共団体が廃止後の議員年金を公費で負担していくことを考えると、年金の廃止を持って、ある程度の経過期間を持って全面廃止するべきと考えます。

また、そういった活動をしていかなければならいとも感じています。

【ちなみに、この総務省案で、対象議員が年金を選択した場合、公費負担は、60年間で1兆3600億円と試算されています。】しかし、議員年金受給者からは「何!勝手なこと言ってるんだ~」との声が聞こえて来そうですね(汗)。

なお、資料として以下の文書も添付されておりました。

地方議会議員年金制度見直しについての総務省方針に対する議長要望・年金制度廃止に伴う地方公共団体負担金についての総務省案・左記総務省案を踏まえた議長会から地方公共団体に対する要請

✑市民からの書き込み(MGプラザをEducational Play Centerへ)

12月24日のブログで【Twitterダイレクトメッセージ】を紹介しましたが、その方(本人)からHPへ書き込みをいただきました。 

とてもINTERNATIONALで、具体的なご提案をありがとうございました。 

実は、あのツイートを紹介してからブログに複数の方々より、あのツイートを歓迎する!励ましや激励をいただいておりました。 

私自身、ネット上で情報共有や情報交換がこのような形で現れる事に・・・正直、驚くと同時に感動しているところです。 

そこで、この提案をMGプラザの市民提案として正式に、筆頭株主である市担当者を通じて伝えたいと思います。 

また、アメリカ広場を管理して、広場のガレージセールやミニコンサートはじめ、ペットボトルツリーを製作している「NPOまちづくりコンソーシアム三沢」のメンバーにも必ず伝えます。(っていいますか・・・このブログ、チェックされています(笑)。) 

書き込みをいただきました“Nさん”には、この場をお借りして心から感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。 

以下、内容です! 

 Merry Christmas~ はじめまして! 

昨日のTwitter Direct Message/Comment を太田様のHPに載せて頂いてとてもびっくりしましたけれど、嬉しかったです!  

さて、今は 立派な3階建てのビル。。。but unfortunately, it is half-empty。そして あの *個性溢れている* 建物の色。なんとなく最初のアメリカ村のコンセプトからは離れていると思いますけれど、しょうがない事は、think positive, make it better!  

私は、小1と中1の子供の親です。Family-timeをとても大事にしています。でも残念ながら 町内の公園と航空科学館以外あまり市内では遊びません。 素晴らしく整備をしていても Miss Veedol Beachも 潮の流れによってゴミが集まって危険です。  

基地の米軍さんたちも私と同じみたいです。  

そしてあのMGビルができ上がってから、どんなテナントが入るのかな?と思ったら今の状態。ちょっとがっかりです。 でも丸一年たっても ぱっとしてないからでのCHANCE! と思い、TwitterでTweetしました。  

Ideaですが、Legoご存知ですか?アメリカではもちろん、世界中のLego-fanが沢山います。三沢から一番近い場所では仙台のアウトレットでClick Bricksという名前でLego専門のお店が2件あります。東京都内にはLegoで遊び学ぶLego Education Centerもあります。 どうにかLegoとTie-upして、MGプラザで今まで想像していないような INTERNATIONAL なEducational Play Centerはどうでしょうか? 

 もし話が進んだら、絶対アメリカ人たちも来るし 県内外からも人が三沢に足を運ぶと思います。 ちなみに現在アメリカではLegolandと言うAmusement ParkがCalifornia とFlorida州だけににあります。 

これなら、あの *個性溢れる* MGプラザの外観も活かせるかな?と思います。   

前から個人的に、あの一方通行は新しい建物ばかりだけど緑が全然なく、少し殺風景な感じ。。。なんとなく息子のLegoの世界みたいだなと思っています。  

毎年のPET-BOTTLE TREE light-up はとても素敵ですが、本当の樹にlightsをつけた方がもっとあの近辺にPLUSになるんじゃないですか?しかも 最近は他所の町でもPET-BOTTLE TREEを見かけるので、「元祖ばら焼」みたいに 「元祖PET BOTTLE TREE]は恥ずかしいですよね! 七夕祭りの時、あの竹の笹が道の方にに流れている風景素敵ですよね。ちょっとした environmental designを工夫するだけで全然町の雰囲気が変わりますよね? THAT IS WHAT MISAWA NEEDS NOW!  

私は長く海外にに住んでいました。でも今はMisawa is my home.  I want to make it a better place for me and my children and other familiies that are lucky enough to experience this wonderful town – full of potential!!!  はっきり言うと、もったいないです。。。  

クリスマスの朝からずう?とPCの前に座ってるのは子供たちには良いお手本ではないので。。。 LOL!(LOL = lots of laughter = 笑、笑) 今日はこれで失礼さしていただきます。 

 Thank you for listening m(――)m 

第3回議会報告会&タウンミーティングのご案内

第3回議会報告会並びにタウンミーティングを以下の日程で行ないます。

市民の皆様の多数のご参加をいたたき、新しい年にさきがけ!希望溢れるタウンミーティングにしたいと思います。

お気軽にご参加下さいませ。

■日時 平成23年1月19日(水) 午後6時30分より8時30分まで

■場所 三沢市総合社会福祉センター 2F多目的ホール

■内容 【議会報告会】

    ・平成22年第4回定例会(12月議会)の報告 ※MGIへの支援金について

    ・各委員会の活動報告

    ・議会改革への取り組み ※「三沢市選挙公報発行条例」(案)提出

    ・みさわ未来の研修会の報告

     【タウンミーティング】 ※ワークショップ形式

    ・三沢市の課題について(会派マニフェストの策定のため、市民の皆様と一緒に

             様々な課題・問題点を今一度整理します)

なお、街頭演説会は平成23年1月10日(月)に市内各所で行ないます。

     

25日から東京に行ってきます

今日、25日からプライベートで上京します。

there are so many families! をMGプラザのコンセプトに!?

今朝の東奥日報朝刊に、【官民で厳格な経営管理を/三沢MGI三セク化】というタイトルで社説が掲載されています。

社説(抜粋)では、市の責任を以下の通り指摘しています。

市街地活性化を目指す同社が手掛ける事業は、公共性が高いものだ。市が出資を決めた論拠は、この点にある。とはいえ、民間企業が経営に行き詰まった段階で、行政が三セク化に動くのは極めて異例の対応だ。

市が巨費を投じて経営に参画する以上は、公的支援の妥当性を具体的な運営方針として市民に示し、厳格な経営管理体制を確立することが求められる。

そして、最後に『MGIが健全経営を確立するためには、まず、空きスペースが目立つMGプラザのテナント確保を早急に進める必要がある。』と締めくくっています。

私は、市の管理責任は基より、アメリカ村の拠点施設であるMGプラザは、『国際色を愉しめる 魅力・活力・安心のある街』という、どこの街にも真似の出来ないMISAWAならではのコンセプトに立ち返ることの必要性を一貫として訴えて参りました。

もちろん!テナント確保も重要ですが、中心市街地活性化基本計画を無視したような、ただのテナントビルとしての安定経営は、むしろ公共性を重視した三セク化に疑問を待たざるを得ません。

地域の活性化を図り、安定した経営を継続する為にもコンセプトに立ち返る事こそが、テナント確保にも繋がるものと信じて疑いません。

そうした中、私にTwitterを通じてメッセージをくれた方がいらしゃいました。

【Twitterダイレクトメッセージ】

MGプラザに関してははもっとファミリー系のお店がに入れば沢山の人が三沢に来るかも!期待しています。この数年間ハロウィーンフェスタに参加し思ったことはthere are so many families!そのコンセプトを大事にすれば何かできます!

there are so many families!

素晴らしいコンセプトではないですか!!

このことで私自身が・・・アメリカ村の基本計画のコンセプトに、とらわれすぎていた事に気が付かされました。

三沢市民と在米軍関係の家族が、there are so many families!の元に協働できれば素晴らしいMGプラザになるのでは・・・何か本当にワクワクしてきます。

今日は、クリスマスイブです。本当に素敵なクリスマスプレゼントをいただいた気持ちになりました。 メッセージ!ありがとうございました。

※MGIの関係者の皆様へ・・・このブログ見ていましたら“ご一考”下さいますよう心からお願い申し上げます。私なら即、採用ですが・・・

三沢市平成23年度他学区通学承認申請のご案内(三沢市教育委員会)

三沢市のHPに平成23年度他学区通学承認申請のご案内が掲載されれおりました。

三沢市では、住民登録している住所地により通学区域を定め、指定された学校に通学することが原則となっておりますが、やむを得ない事情により指定された学校に通学することができない時は、三沢市教育委員会の承認を得て指定された以外の学校に通学することができますので、教育総務課までご相談ください。

なお、三沢市区域外就学承認基準によりますと、以下の事由が承認となる要件です。

<他学区からの通学希望>

1、地理・転居

・小学校及び中学校の最高学年に在学し、転居により就学校が変更になるとき。

・学期中途において、転居により就学校が変更になるとき。

・概ね6ケ月以内に転居予定のあるもの。

・地理的条件の特異性により、通学等の安全性を考慮する必要があると認められるもの。

2、身体

・病弱及び肢体不自由等の障害を有し、通学・通院等を考慮する必要があると認められるもの。

3、家庭環境

・保護者の共働き等により、下校後の自宅保育に欠けると認められるもの。

・保護者の疾病・離婚及び反社会的行為(サラ金、暴力等からの避難)により、教育的配慮の必要なもの。

4、いじめ等

・いじめ等により、児童・生徒及び保護者に精神的肉体的負担を課し、義務教育に支障を来たすと認められるもの。

5、その他

・同一世帯の2以上の児童・生徒の就学校が異なり、保護者から同一校への就学希望があったとき。

・家庭の事情等により、就学校の変更が児童・生徒及び保護者に過重な負担となることが明白であると認められたとき。

・その他、特にやむを得ないと教育委員会が認めた場合。

以上。

何れにいたしましても、就学校につきまして何かございましたら教育員会へご相談に行ってみて下さい。

丁寧に対応していただけると思います。

また、公務員は守秘義務がございますので、安心してご相談していただけます。

なお、承認期間や添付書類もございますのでお早めにご相談されることをお勧めいたします。

最後に、教育委員会では「学校の施設状況等により受入が困難な場合もありますので、ご承知ください。」とのことであります。

詳しくは、三沢市教育委員会「平成23年度他学区通学承認申請」をご覧下さい。

三沢-八戸間で増便検討へ/青い森鉄道

12月4日に本格開業した第三セクター・青い森鉄道(関格社長)の三沢ー八戸間が通勤・通学時間帯に大混雑している問題で、同鉄道が年明けにも改善に乗りだすことが20日、明らかになりました。

青い森鉄道では、来年3月のダイヤ改正を待たず、冬休みが終わる来年1月中旬ごろにも三沢-八戸駅間で増便できないか検討しているとのことです。

また、東北新幹線との接続の悪さを指摘する苦情が相次いでいることから、接続列車のない時間帯での新規運行も、3月の新ダイヤに反映させる方針を固めたと各紙が報道いたしました。

利用者からは、野辺地を午前6時19分に出発する便が「さながら東京の満員電車のようだ」と、特に混雑していているとの指摘もあり、「利用者の事を考えていない」と不満の声が上がっていたとの事でした。(デーリー東北)

私としては、「通勤・通学に配慮しダイヤを設定した」との、当初の青い森鉄道のコメントは一体なんだったのか・・・!

さらには、東北新幹線へのアクセスに関しても、実用性の無いダイヤ構成であり、先般行なわれた三沢市議会第4回定例会に於いても、この問題を取り上げた藤田議員の一般質問に種市市長から「非常勤の取締役としてダイヤの見直しを強く求めていく」との答弁があったばかりでした。

そうした中でのダイヤ改善は、三沢市民にとっても沿線住民にとっても歓迎すべき事ですが、この様な事態が事前に指摘されていたにも関わらず改正出来なかった会社側の責任は大きいと思います。

また、ダイヤの見直しもさることながら、今後の青い森鉄道の運営ビジョンが示されていないのも気になるところです。

自治体の負担が増える事があっても、決して減る事がない事業の上、少子高齢化及び2次交通のあり方など中長期の事業計画があってしかるべきなのです。

開業した今こそ、沿線自治体が一体となって在来線のデメリットばかりを議論すのではなく、どうすれば在来線を地域活性化の素材として活用できるのかを、この機会に皆さんで考えようではありませんか!

※写真はYAHOO写真画像【青い森鉄道の画像】より

アメリカ村「みさわ街の駅」開店1周年なんだけど!?

昨年の12月19日、アメリカ村の拠点施設MGプラザに突然出現(OPEN)した「みさわ街の駅」が1周年を迎えました。(2009.12.19フライト日誌【街の駅OPEN!】)

ご承知のとおり、アメリカ村のコンセプトは『国際色を愉しめる 魅力・活力・安心のある街』~アメリカンテイストなライフスタイルを楽しめる中心市街地の形成~であります。

市民誰もが期待していたアメリカ村に・・・まさに突然!何の市民への説明がないままのOPENから1年・・・。

これまで、このブログで何度も主張していた事ですが事前の事業計画(案)が、とうとう一度も立案されることなく、なし崩し的に開店、そして経営されてきた「みさわ街の駅」。

補助金がらみで何とか赤字は免れているものの“にぎわい”の拠点としては全く機能していませんし、市外から来るお客様は「何でアメリカ村なのに野菜が売っているの?」といった様に、コンセプトからかけ離れている事業としか言いようがありません。

しかし、議会でこの「みさわ街の駅」に関わる予算に反対した議員は、私一人だけでした(2009.12.19フライト日誌【初めての反対討論】)

また、先般閉会しました三沢市議会第4回定例会(12月議会)では、中心市街地活性化基本計画の拠点施設MGプラザの経営会社MGインターナショナル(MGI)への三沢市からの支援金9,500万円への質疑で、執行部側は「現在はアメリカ村のコンセプトからかけ離れている状態なので、一刻も早く『国際色を愉しめる 魅力・活力・安心のある街』に近づけたい」と答弁をしております。

結局、「街の駅」はアメリカ村のコンセプトにそぐわないと認めていながら・・・「街の駅」の必要性を唱え予算執行して来たのではないでしょうか。

このことについて市民はどの様に思っているのでしょうか!? 

まさに市民不在の政治ではありませんか!

市民不在の議会ではありませんか!

現在は、我が「みさわ未来」所属の議員は“是々非々”を貫いておりますが・・・ここに来て、昨年の「街の駅」の議決が少なからずアメリカ村のイメージダウンを助長させることにつながっているのです。

来年の2月にMGIの役員が刷新されると伺っております。今後、「みさわ街の駅」の経営も含め、より三沢らしい戦略的な事業計画を期待します!

最後になりましたが「みさわ街の駅」開店1周年おめでとうございます。

Page 1 of 3123