〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2011年3月の活動日記

震災被害の三沢漁港を視察しました

17日(木)午後1時より、三沢市のバスで11日発生した「東北地方太平洋沖地震」で壊滅的な被害を受けた三沢漁港を視察いたしました。

「市議会として現状の把握が遅いのでは?」との声も聞かれますが、市議会としては、あくまで現場の皆さまにご迷惑が掛からない様に配慮したもので、担当課もひと段落したとの事から今回の実施となりました。

漁港の被害は、甚大で・・・

水揚げに絶大な効力を上げていた浮き桟橋4基(1基約1億円)が全て流失、製氷機関係の機器も全壊するなど漁港復旧の目処は立っていません。

また漁船の被害ですが、66隻中37隻が無事なものの・・・

破損・沈没29隻。内、11隻引き上げ。14隻の沈没が確認されているが4隻は場所不明との事でした。

何れにしても、今後の復興に関しては県とも相談して財政支援等も含めて素早い対応をしていただくよう市議会としても強く申し入れしたところです。

また、被災された市民の皆さまの支援対策も各担当課で出来る限りのご支援が出来るように、現在作業を進めているとの事ですから、今少しお時間をいただきまうようお願い申し上げます。

そのような中、漁港の後片付けに14日から連日、のべ200名の米軍の皆さんが応援に駆けつけてきています。

もちろん三沢市民の皆さまも多数ご参加いただいております。

この場をお借りして心から感謝申し上げると共に、今後ともご支援方宜しくお願いいたします。

なお、3月24日(月)より、三沢市社会福祉協議会では災害ボランティア並びにボランティアニーズの受付を始めました。

ボランティアを希望される市民の皆さまは、ご連絡をお願いいたします。

私も市議として、市民として出来る限りの事を頑張る覚悟です! かんばろう東北! 負けてたまるか日本!

明日、災害ボランティアに登録して参ります。

最後になりましたが、今回の地震、津波でお亡くなりなられた方の冥福をお祈り申し上げると共に、ご家族の方々へ心よりご、お悔やみを申し上げます。

また被災した方々には、一刻も早い復旧、復興を願うとともにお見舞いを申し上げます。

マックTV一般質問放送日程(3月議会)

マックTVによる、本会議(一般質問)の放送日程をお知らせいたします。

太田博之の一般質問の様子は、3月25日(金)午後8時30分から放送予定です。

■3月21日(月)

・午後7:30~開会

・午後9:30~瀬崎雅弘議員(みさわ未来)、西村盛男(至誠会)

■3月22日(火)

・午後7:30~春日洋子議員(無会派(公明党))

・午後9:30~藤田光彦議員(無会派(民主党))

■3月23日(水)

・午後7:30~鈴木重正議員(至誠会)

・午後9:30~天間勝則議員(みさわ未来)

■3月24日(木)

・午後7:30~野坂篤司議員(みさわ未来)

・午後9:30~奥本菜保巳議員(無会派(共産党))

■3月25日(金)

・午後7:30~太田博之(みさわ未来)【質問要旨

・午後9:30~閉会

平成23年三沢市議会第1回定例会の閉会(3月17日)

17日(木)午後3時50分より、平成23年三沢市議会第1回定例会(3月議会)が開催され上程された全ての議案が原案通り可決されました。

採決前の討論では、奥本菜保巳議員(無会派・共産党)から議案第1号 平成23年度三沢市一般会計予算に対して反対討論が行なわれましたが、賛成多数で可決されました。

因みに、市役所の重油節約として朝の委員会から暖房が切られ、とても寒い中での議案審議でしたが、被災者の支援にもつながる行動として、執行部以下議員全員が理解を示し最後まで実行いたしました。

また、議員提出議案として

・環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に関する意見書

・東北地方太平洋沖地震からの復興に関する決議

それぞれ、全会一致で議決されました。

【反対討論】

奥本議員:若年者の就労支援、各種ワクチン助成事業など高く評価する事業もあるが、特定団体に対する様々な補助金や、身の丈に合わない過去のハコモノの維持管理費については見直しがひつようであることから、当該議案に対し反対する

以下、可決された議案です。

・議案第1号 平成23年度三沢市一般会計予算

・議案第2号 平成23年度三沢市国民健康保険特別会計予算

・議案第3号 平成23年度三沢市食肉処理センター特別会計予算

・議案第4号 平成23年度三沢市土地区画整理事業特別会計予算

・議案第5号 平成23年度三沢市農業集落排水事業特別会計予算

・議案第6号 平成23年度三沢市下水道事業特別会計予算

・議案第7号 平成23年度三沢市介護保険特別会計予算

・議案第8号 平成23年度三沢市後期高齢者医療特別会計予算

・議案第9号 平成23年度三沢市水道事業会計予算

・議案第10号 平成23年度農業集落排水事業特別会計予算

・議案第11号 平成22年度三沢市三沢市一般会計補正予算(第5号)

・議案第12号 平成22年度三沢市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

・議案第13号 平成22年度三沢市土地区画整理事業特別補正予算(第2号)

・議案第14号 平成22年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

・議案第15号 三沢市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

・議案第16号 平成22年度三沢市介護保険特別会計補正予算(第3号)

・議案第17号 平成22年度三沢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)

・議案第18号 平成22年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

・議案第19号 三沢市の議会及び長の選挙における選挙公報の発行に関する制定について

・議案第20号 三沢市特別職の職員の給料等に関する条例及び三沢市教育委員会教育長の給与、勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定に ついて

・議案第21号 三沢市住民生活に光をそそぐ基金条例の制定について

・議案第22号 三沢市特別災害による被害者に対する市税減免の特別措置に関する条例の一部を改正する条例制定について

・議案第23号 三沢市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について

・議案第24号 三沢市ふれあい館条例の一部を改正する条例の制定について

・議案第25号 三沢市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

・議案第26号 財産の取得について

・議案第27号 青森県新産業都市建設事業団に委託するべき事業に関する計画の一部変更について

・議案第28号 市道の路線の廃止について

・議案第29号 市道の路線の認定について

・議案第30号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて(当日追加議案) 承認

          再任:別部 辰哉氏

補正予算審議特別委員会の開催(3月17日)

17日(木)午前9時より市役所4F大会議室に於いて、平成22年度の補正予算審査特別委員会が開催され、負託されていた議案第11号~議案第18号までの議案全てが可決されました。

なお、本日の午後開催される本会議に於いて、改めて採決が行なわれます。

以下、負託された議案です。

・議案第11号 平成22年度三沢市三沢市一般会計補正予算(第5号)

・議案第12号 平成22年度三沢市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

・議案第13号 平成22年度三沢市土地区画整理事業特別補正予算(第2号)

・議案第14号 平成22年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

・議案第15号 三沢市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

・議案第16号 平成22年度三沢市介護保険特別会計補正予算(第3号)

・議案第17号 平成22年度三沢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)

・議案第18号 平成22年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

予算審査特別委員会の開催(3月16日)

16日(水)午前10時より市役所4F大会議室に於いて、予算審議特別委員会が行なわれ負託された議案第1号~議案第10号全ての議案が可決されました。

なお、17日の午後に行なわれる本会議で改めて採決が行なわれます。

以下、委員会に負託された議案です。

・議案第1号 平成23年度三沢市一般会計予算

・議案第2号 平成23年度三沢市国民健康保険特別会計予算

・議案第3号 平成23年度三沢市食肉処理センター特別会計予算

・議案第4号 平成23年度三沢市土地区画整理事業特別会計予算

・議案第5号 平成23年度三沢市農業集落排水事業特別会計予算

・議案第6号 平成23年度三沢市下水道事業特別会計予算

・議案第7号 平成23年度三沢市介護保険特別会計予算

・議案第8号 平成23年度三沢市後期高齢者医療特別会計予算

・議案第9号 平成23年度三沢市水道事業会計予算

・議案第10号 平成23年度農業集落排水事業特別会計予算

一般質問に太田博之が登壇!(3月11日)

11日(金)午前10時より、本会議場で市政に対する一般質問(第二日目)が行なわれ、私と奥本議員の2名が登壇いたしました。          

以下、主な質問内容と答弁を簡単に紹介します。   

1、奥本菜保巳議員(無会派(共産党))          

 ○地デジチューナーについて       

地デジ化に伴い市としてのサポート体制について伺いたい。          

(経済部長)共同受信(マックTV)では、平成20年から地デジ化に対応するために移行を進めてきて、本年1月中に全ての作業を終えた。地デジチューナー等の無償給付等も含め、対応窓口を市民課へ設置したいと考えている。

2、太田博之(みさわ未来)

○基地との共存共栄について

在日米軍の再編が進む中、「基地との共存共栄」の考え方について伺いたい

(市長)基地機能と基地交付金は密接に関連している。今後、基地機能について必要があれば市民協働のまちづくりの観点から、市民と協議する場が必要とあれば検討していきたいと考えている。

○あるべき選挙管理委員会について

ポスター掲示場について見直す考えがあるか伺いたい。

(選挙管理委員長)人口分布等を見直し、適正配置を検討してみたいと思う。

当日は不覚にも風邪をひいてしまい・・・お聞き苦しいところが多々ありましたこと、申し訳けなく思っています。

なお、マックTVの放送は現在、震災情報を優先している為、今のところ日程が決まっておりません。

決まり次第HPでお知らせいたします。

一般質問に7名が登壇しました(3月10日)

10日(木)午前10時より、本会議場で市政に対する一般質問(第一日目)が行なわれ、7名の議員が登壇いたしました。

以下、各議員の主な質問内容と答弁を簡単に紹介します。

1、瀬崎雅弘議員(みさわ未来)

○移転跡地利用について

(仮称)水辺公園の整備について伺いたい。

(市長)現状で具体的内容を示す時期ではない。市民の安らぎの場として整備する為、さらに国に対して要望活動を続けていきたい。なお、調整池の野鳥によるバードストライクの懸念については、自衛隊と形状や面積について今後、相談して参りたい。

2、西村盛男議員(至誠会)

○協働のまちづくりについて

「三沢市協働のまちづくり市民会議」より提出された提言書について見解をを伺いたい

(市長)15名の委員が計17回の会議の末にまとめた提言書は、希望や熱い思いが詰まっており心から感謝したい。今後は、この提言書を基に概要版を作成し、市民により理解を深めていただき、更なる協働のまちづくりの推進に努めて行きたい。

3、春日洋子議員(無所属・公明党)

○新成人との意見交換について

1月29日に行なわれた「市長と新成人との意見交換会」の内容について伺いたい。

(市長)新成人9名の方々と意見交換を行なったが、三沢市を元気にする課題やご意見、ご提案を沢山いただいた。とても有意義な機会と認識したので、今後も継続して開催していきたい。

4、藤田光彦議員(無所属・民主党)

○民生委員について

当市の民生委員の現状について伺いたい。

(市長)三沢市では、現在90名の民生委員の皆さまが活躍されている。また、定員が90名であるので、当市においては手不足ということはない。

5、鈴木重正議員(至誠会)

○東北新幹線の全線開業について

東北新幹線全線開通による三沢市の・市民のプラス・マイナス点を伺いたい。

(市長)マイナスは、青い森鉄道のアクセスの問題をはじめ数多くあるので今後も青い森鉄道に対し強く要望していく。また、プラス面は県の観光客の増が見込めることが大きいと考えることから県と連携を強化し観光PR等、情報発信をして行きたい。

6、天間勝則議員(みさわ未来)

○中心市街地活性化について

MGプラザの今後の動向について伺いたい。

(経済部長)これまでテナントの入居を第一順位で考えてきた。今後は、話題性や異国情緒など本来の国際色あふれるまちというコンセプトに立ち返って頑張りたい。また、交際交流等のイベントも積極的に考えていきたい。

【詳しくは天間勝則公式HPへ】

7、野坂篤司議員(みさわ未来)

○マニフェストの作成について

市長へ立候補を表明している市長は、三沢市民に対して市政運営のビジョン等、マニフェストを作成するべきと考えるが見解を伺いたい。

(市長)三沢市振興計画が私の政策であり公約である。マニフェストは考えていない。

東北地方太平洋沖地震 災害対策状況(市議会全員協議会)

 東北地方太平洋沖地震の主なる災害対策状況(三沢市総務部)

■3月11日(金)

・14:46 地震発生

・15:00 避難勧告

・15:20 災害対策本部設置

       避難指示に切り替え

       消防団巡回

・15:50 津波到来(第1波から断続的に到来)

       全学校に避難所開設及び職員派遣(各避難所・職員2名)

       子どもの下校確認、家への到着確認、施設の損傷確認中

・16:48 食料・水確保

・17:45 毛布配布指示

・20:02 避難所の食料等配給

・21:00 第2回災害対策本部会議

・21:30 建設業者に避難所への投光器を要請

・23:00 第3回災害対策本部会議

■3月12日(土)

【主な住民対策】

・炊き出し(赤十字奉仕団)

・避難所への食料・物資配送

・庁舎生活相談窓口設置

・庁舎地震案内所設置

・上水道の確保(上下水道庁舎前、炊き出し用に給水車配置)

・安否確認及び被害状況調査(市内全域)

・避難者の健康相談(保健師)

・第4~6回災害対策本部会議

■3月13日(日)

・炊き出し(赤十字奉仕団、災害ボランティアなど)      

・避難所へ食料・物資配送

・庁舎生活相談窓口設置

・上水道の確保(上下水道庁舎前、炊き出し用に給水車配置)

・安否確認及び被害状況調査(市内全域)

・避難者の健康相談(保健師)

・避難所での生活相談開始

・道路上支障物の撤去、倒壊家屋等の撤去作業開始

・各避難所等で全壊、半壊、浸水家屋の被災者に対し住宅要望ヒアリング開始

・三沢漁港施設被害状況調査の開始

・第7~8回災害対策本部会議

なお、罹災した方々(全壊、半壊、浸水家屋)の廃材等については、無料で対応するとのことです。

また、現状で「災害援助法(被災者生活再建支援法)」の対象にならないものの、三沢市も同等の措置が出来るよう県と協議しているとの事です。

東北地方太平洋沖地震被害状況(市議会全員協議会)

14日(月)午前10時より三沢市役所4Fの会議室に於いて、市議会全員協議会が開催され「東北地方太平洋沖地震」の被害状況について執行部より説明がありました。

本来であれば、予算審査特別委員会が開かれる予定でしたが、正副議長並びに議運の正副委員長で協議(延期)し開催したもので、この震災における経緯、現状について詳細に説明がありました。

1、人的被害

  けが1名、死者2名

2、建物被害

  全壊6(六川目1棟・三川目5棟)、半壊8(塩釜4棟・淋代保育所・三川目3棟)、一部損壊1(三川目1棟)、

  床上16(六川目15棟・淋代1棟)、床下11(織笠3棟・六川目7棟・五川目1棟)

  その他2(ブロック破損2件)

3、避難状況

  3月11日 837名(市内小中学校・斗南藩観光村)

  3月12日 397名(市内小中学校・斗南藩観光村)

  3月13日   1名(三川目小学校)

4、停電状況

  3月12日23:43、三沢漁港周辺39戸除き、全域復旧

5、避難勧告等

  避難勧告を13日午前9時解除

その他、地震発生時からの市の対応(経緯)について、並びに市民のボランティア活動の状況等も詳細に説明がありました。

ボランティアの皆さまにのご協力に対し、この場をお借りして心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

私も、消防団員として震災後10分団の屯所に待機。その後活動服に着替え、出動に向け自宅待機しておりました。

最後になりましたが、罹災された多くの皆さまにお見舞いを申し上げると共に、お亡くなりになられた方々には、心からお悔やみを申し上げます。

皆さまの死を決して無駄にしない様に、検証を深め今後に生かして参りたいと思います。合掌

なお、延期していた特別委員会は、全協議会終了後行なわれた議運で以下のとおり決定いたしました。

3月16日(水) 午前10時~予算審査特別委員会

3月17日(木) 午前9時~補正予算審査特別委員会・条例等審査特別委員会

          特別委員会終了後、本会議(閉会)

本定例会の一般質問の要旨(11日登壇予定)

本定例会に通告した、私の一般質問の要旨です。

なお、3月11日(金)午前11時頃に登壇いたしますので、お時間のある方は是非とも議会に足を運んでいただければ嬉しいです。

【基地問題】

「基地との共存共栄」の考え方について

在日米軍再編が進む中、市が望む「基地との共存共栄」の考え方について、市民協働のまちづくりの観点から、今後の基地機能のあるべき姿について議論する時期に来ていると考えるが、市長のご見解を伺いたい。

 

  

【選挙問題】 

「あるべき選挙管理委員会」について

全国的に選挙における投票率が下がり、選挙事務改革が叫ばれる中、本市の改革の方針(方策)について伺いたい。

 

  

①1月20日、先進地視察(研修)として福島県相馬市を訪れた際の内容、並びに所感を伺いたい。

②ポスター掲示場について、見直しをするべきと考えるが、今後の方針を伺いたい。

③常時啓発について、現状と今後の方針について伺いたい。

④選挙時啓発について、現状と今後の方針について伺いたい。

⑤投票所について、見直しをするべきと考えるが、今後の方針を伺いたい。

⑥6月に行なわれる市長選挙に於いて、開票時間の短縮、並びに選挙事務経費削減の目標値を伺いたい。

 

  

 

Page 2 of 3123