〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2011年9月の活動日記

予算審査特別委員会の開催

13日(火)午前10時より市役所4F大会議室に於いて、平成23年度の予算審査特別委員会が開催されました。

委員会では、負託されていた議案第55号平成23年度三沢市一般会計補正予算(第3号)他、議案第60号までの議案全てが可決されました。

以下、負託された議案です。

○議案第55号:平成23年度三沢市一般会計補正予算(第3号)

○議案第56号:平成23年度三沢市食肉処理センター特別会計補正予算(第2号)

○議案第57号:平成23年度三沢市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

○議案第58号:平成23年度三沢市介護保険特別会計補正予算(第1号)

○議案第59号:平成23年度三沢市水道事業会計補正予算(第1号)

○議案第60号:平成23年度三沢市立病院事業会計補正予算(第1号)

太田博之の一般質問(9月議会)の放送は本日13日(火)です!

マックTVによる、本会議(一般質問)の放送日程をお知らせいたします。

太田博之の一般質問の様子は、本日13日(火)午後9時30分から放送予定です。

■9月12日(月)

・午後7:30~開会 (議場コンサートほか)

・午後9:30~天間勝則(みさわ未来)

■9月13日(火)

・午後7:30~野坂篤司議員(みさわ未来)

・午後9:30~太田博之(みさわ未来)

 ■9月14日(水)

・午後7:30~春日洋子議員(無会派(公明党))

・午後9:30~鈴木重正議員(至誠会)

■9月15日(木)

・午後7:30~奥本菜保巳議員(無会派(共産党))

・午後9:30~藤田光彦(無会派(民主党))

■9月16日(金)

・午後7:30~瀬崎雅弘(みさわ未来)※議案質疑・山本弥一(市民クラブ)

・午後9:30~閉会

        

「三沢病院の試算表を公開せよ」決算審査特別委員会の開催

12日(月)午前10時から大会議室において、決算審査特別委員会が開催されました。

私は11項目に(約1時間)に亘る質問の中で特に市立沢病院の決算に於いては、今後、議会へ試算表の提出(中間期)を求めました。

大沢病院事務局長からは提出は作業的にも問題のないことから今後、提出に向け検討するとのことでした。

三沢病院は、これまでの病院とは内容が異なり高度の医療機器や設備が充実している分、人件費やメンテナンス等の出費や改善費が多くかかることになります。

いつも、市民と議会が経営内容をチェックrする体制の中から、市民共々問題点を探り解決していく・・・。

私は、協働のまちづくりを発揮した支援体制を確立したいと思っています。

尚、私は、付託された以下の全ての議案について賛成いたしました。(奥本議員は反対)

○認定第1号:平成22年度三沢市一般会計歳入歳出決算認定について

○認定第2号:平成22年度三沢市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第3号:平成22年度三沢市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第4号:平成22年度三沢市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第5号:平成22年度三沢市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第6号:平成22年度三沢市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第7号:平成22年度三沢市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第8号:平成22年度三沢市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第9号:平成22年度三沢市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第10号:平成22年度三沢市水道事業会計決算認定について

○認定第11号:平成22年度三沢市立三沢病院事業会計決算認定について

各特別委員会の委員及び付託議案

9日(金)一般質問終結後、本定例会へ提出された議案に対し議案質疑が行われたの受けて、以下の特別委員会の設置並びに付託議案が決まりました。

なお、12日(月)決算審査特別委員会、13日(火)予算審査特別委員会、条例等審査特別委員会が開催されます。

【決算審査特別委員会】

委員長:小比類巻種松

副委員長:舩見亮悦

委員:正副議長を除く18名

<付託案件>

認定1号から認定11号までの計11件

【予算審査特別委員会】

委員長:小比類巻正規 

副委員長:天間勝則

委員:澤口正義、瀬崎雅弘、太田博之、堀光雄、春日洋子、西村盛男、舩見亮悦、山本弥一

<付託案件>

議案55号から議案60号までの計6件

【条例等審査特別委員会】

委員長:野坂篤司  

副委員長:加澤明

委員:瀬崎雅弘、奥本菜保己、鈴木重正、藤田光彦、堤喜一郎、小比類巻種松、森三郎

<付託案件>

議案61号から議案70号までの計10件

一般質問(2日目)に2名が登壇

9日(金)午前10時より、本会議場で市政に対する一般質問(第2日目)が行なわれ、2名が登壇いたしました。          

また、一般質問終了後に今回提出された議案に基づき、山本弥一議員から、議案第55号(平成23年度三沢市一般会計補正予算(第3号))に対して、議案質疑が行われました。

以下、一般質問の主な内容です。

7、藤田光彦議員        

 ○高齢者の雇用について       

【総務部長】

市が発注する工事や業務委託の入札へ高齢者の雇用に対する条件を入れることは適切ではないと考えている。

8、瀬崎雅弘(みさわ未来)

○コミュニティFMについて

【市長】

現在、復興計画を策定する中で検討しているのでご理解を賜りたい。

一般質問に太田博之が登壇!(スクールソーシャルワーカーの設置)

8日(木)午前10時より、本会議場で市政に対する一般質問(第1日目)が行なわれ、私の他6名が登壇いたしました。          

以下、各議員の主な質問内容です。

1、天間勝則議員(みさわ未来)

○三沢市立病院の応対について

【病院事務局長】

院内にサービス向上委員会を設置し、毎月1回のペースで職員研修を開催している。

また、「あなたの声」という形で委員会へ対し、意見や要望を取り入れている。

今後も改善のためサービス向上に努力したい。

2、野坂篤司議員(みさわ未来)

○体育協会の法人化について

【教育長】

法人化については今後も各団体と相談の上、考えていきたい。

3、太田博之(みさわ未来)

○スクールソーシャルワーカーの設置について

【市長】

複雑な家庭問題を解決するべくスクールソーシャルワーカーの必要性を感じ、本年4月より岡三沢小学校に1名を配置した。

今後も、関係機関と連携して問題解決のため尽力して参りたい。

<三沢市のいじめの件数(小中合計)>

・平成20年49件、平成21年33件、平成22年43件

<三沢市の不登校の生徒数(小学校)>

・平成20年20人、平成21年21人、平成22年22人

<三沢市の不登校の生徒数(中学校)>

・平成20年55人、平成21年64人、平成22年人64人

4、春日洋子議員

○空き家対策について

【市長】

三沢市の空き家は現在132戸。内、管理されている73戸。不明56戸。危険空家3戸。

危険空家は解体が決まっている。不明空家に関しては調査を進め適正に対応したい。

5、鈴木重正議員(拓心会)

○行政情報の提供について

【市長】

行政情報の提供は極めて大切だと考えている。

基本的には、公平・透明性・信頼性を重視し、協働のまちづくりに繋げたい。

6、奥本菜保己議員

○基地内放射性廃棄物について

【市長】

外務省からの報告によると、友達作戦での衣類等の低レベル廃棄物が200リットルのドラム缶で11本保管されているが。

放射線等についての危険はない。最終処分は東電と国が行うが、それまで基地内に保管する。

 

三沢市議会第3回定例会へ提出された議案(事件)

5日(月)開会した三沢市議会第3回定例会へ提出された議案は以下の通りです。

なお、私は8日(木)の午前に一般質問を行います。

【本定例会へ提出された事件】

○認定第1号:平成22年度三沢市一般会計歳入歳出決算認定について

○認定第2号:平成22年度三沢市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第3号:平成22年度三沢市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第4号:平成22年度三沢市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第5号:平成22年度三沢市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第6号:平成22年度三沢市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第7号:平成22年度三沢市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第8号:平成22年度三沢市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第9号:平成22年度三沢市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について

○認定第10号:平成22年度三沢市水道事業会計決算認定について

○認定第11号:平成22年度三沢市立三沢病院事業会計決算認定について

○議案第55号:平成23年度三沢市一般会計補正予算(第3号)

○議案第56号:平成23年度三沢市食肉処理センター特別会計補正予算(第2号)

○議案第57号:平成23年度三沢市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

○議案第58号:平成23年度三沢市介護保険特別会計補正予算(第1号)

○議案第59号:平成23年度三沢市水道事業会計補正予算(第1号)

○議案第60号:平成23年度三沢市立病院事業会計補正予算(第1号)

○議案第61号:三沢市税条例の一部を改正する条例の制定について

○議案第62号:三沢市スポーツ振興審議会に関する条例の一部を改正する条例の制定について

○議案第63号:三沢市テレビ共同受信施設設置条例を廃止する条例の制定について

○議案第64号:三沢市ケーブルテレビジョン施設の設置及び管理に関する条例の制定について

○議案第65号:三沢市交通安全防犯会議条例の一部を改正する条例の制定について

○議案第66号:災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

○議案第67号:第三中学校新築事業建築工事請負契約の締結について

○議案第68号:財産の取得について

○議案第69号:財産の取得について

○議案第70号:財産の取得について

以上

姉妹都市友好親善の貢献に対する感謝決議(三沢市議会)

5日(月)午前10時より三沢市議会第3回定例会が開会され、冒頭ミス・ビードル号の再現飛行を行ったスピリット・オブ・ウエナッチの皆さんに対し「姉妹都市友好親善に対する感謝決議」が全会一致で決議されました。

この感謝決議(案)は、私が会派を通じて提案したものです。

当日は、スピリット・オブ・ウエナッチのメンバーでパイロットのデビット・スタッドラーさんへ感謝状が贈呈されました。

議会としては、記念品を何にするか相当な悩んだようですが、舩見議員の発案で「感謝状を掛軸にしたらどうか?」の一声で今回の記念品を兼ねた感謝状となりました。

グッドアイディアですよね!

ミス・ビードル号が世界初の太平洋無着陸横断飛行を成し遂げてから80年・・・。日米の友好は、このような地方でも脈々と育まれているのです!

正に、みんなで創ろう国際文化都市!を標榜する三沢市民の誇りです。

なお、議会の開会前には、市内のコーラスグループ「セフィロ」による議場コンサートも開催されました。

『木崎野牧 絵巻歌」と「ミス・ビードル号 翔び上がれ」の素晴らしい合唱が行われ、感謝決議に華を添えていただきました。

セフィロの皆さん、本当に素晴らしい合唱ありがとうございました。

「人づくりのメッカフォーラム2011」に参加します!

9月5日(月)午後1時30分からホテル青森に於いて、業界の垣根を越えた人財育成の気運隆盛による「人づくりのメッカ青森県」の実現を目指し、企業のトップ等を対象としたフォーラムに参加します。 

本フォーラムでは、日本アイ・ビー・エム(株)において、社長として顧客満足重視の経営改革を実行した北城恪太郎氏と当時の北城社長とともに経営革新や社員の意識改革の促進に従事した大久保寛司氏による「経営改革におけるリーダーの役割」や「人が育つ組織づくり」についての講演を始め、企業のトップや人事・研修担当者を対象とした分科会や、日本の将来を担う子どもたちや教員に対して講演の実績を積まれている北城氏によるキャリア教育についての分科会が行われます。

この機会に業績の向上や組織の活性化につながる人財育成方法について理解を深めるられるよう一生懸命勉強してきます。

因みに、私は若手人材育成分科会に参加申し込みいたしました。

的川泰宣氏 講演会の開催(9月18日コミュニティ・スクールフォーラムⅢ)

9月18日(日)午前10時から県立三沢航空科学館において、NPOテイクオフみさわ主催による「コミュニティ・スクールフォーラムⅢ」を開催します。

2009年度から継続して行っているこのフォーラムは、学校・家庭・地域の連携のあり方について考える機会を提供することを目的に、“三沢市民協働のまちづくり市民提案事業”として開催するものです。

今年で3年目を迎えるフォーラムは、ミス・ビードル号の世界初太平洋無着陸横断飛行80周年記念事業として、宇宙教育(KU-MA・JAXA・日本宇宙少年団)の取り組みに学ぶ!

いま、日本で生きること~はやぶさからのメッセージ~と題して、あのJAXAの的川泰宣先生の講演会!

子供から大人まで・・・はやぶさの陰の立役者である的川先生の夢と希望溢れるお話を、この機会に是非ともお聞きいただきたいと思います!

的川先生は日本の宇宙教育の第一人者でありますが、初めて聴く名前という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、本当に素晴らしい方ですから、ご家族お揃いでお聞きいただきたいと思います。

コミュニティ・スクールフォーラムⅢ~学校・家庭・地域社会の連携とは何か~

・主 催

NPO法人テイクオフみさわ

・共 催

青森県教育支援プラットフォーム上北地区実行委員会・日本宇宙少年団みさわ分団・三沢市連合PTA・みさわ国際交流協会

・後 援

三沢市・三沢市教育委員会・青森県教育委員会・東奥日報社・デーリー東北新聞社・青森放送㈱・㈱青森テレビ・青森朝日放送㈱

・講 師 

的川 泰宣
1942年2月23日広島県呉市に生まれる
1965年東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒業(宇宙工学第一期生)
1970年東京大学大学院工学研究科航空学科専攻博士課程終了
工学博士、東京大学宇宙航空研究所、宇宙科学研究所、宇宙航空
研究開発機構(JAXA)教育・広報統括執行役、同宇宙科学研究
2008年6月NPO法人「子ども・宇宙・未来の会」(KU-MA、クーマ)を設立、会長となる。日本の宇宙活動の「語り部」であり、「宇宙教育の父」とも呼ばれる。
JAXA技術参与(教育・広報担当)
NPO法人「子ども・宇宙未来の会」会長

Page 2 of 3123