〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2012年1月のフライト日誌

私の一般質問の登壇は2月9日(木)の11時頃です!

31日(火)午前10時より開催された議会運営委員会で、「平成24年第1回定例会」の一般質問の順番を決める抽選が行なわれ、私は8人中、3番手として2月9日(木)の午前中(11時頃)登壇することになりました。

因みに、本定例会では、我が会派「みさわ未来」から、私の他に天間さん、野坂さんの3名が登壇いたします。

なお、日程(発言順)は以下の通りです。

<2月9日(木)>

1、野坂篤司  議員

2、春日洋子 議員

3 、太田博之

4、山本弥一 議員

5、奥本菜保己 議員

6、天間勝則 議員

<2月10日(金)>

7、藤田光彦 議員

8、鈴木重正 議員

市民の皆様には、是非とも議場に来ていただき傍聴してくださいませ。

また、マックテレビでの放送日程が決まり次第お知らせいたします。

なお、私の質問要旨は以下のとおりです。

【健康問題】

・癌検診の受診率について

当市の癌検診の受診率が、

肺がん検診25.3%、胃がん検診22.6%、大腸がん検診25.4%、子宮がん検診 23.2%

乳がん検診25.2%と低迷しているが、その原因と今後の受診率向上のための施策について伺いたい。

また、大腸がん、乳がん、子宮がんのクーポン券の使用についても同様に伺いたい。

【教育問題】

・生涯学習について

当市の生涯学習において、一体どの程度の市民が参加しているのか、分からないのが現状である。

今後、協働のまちづくりを進めていく中で生涯学習社会の実現が重要になると考えるが、一人でも多く

の市民が参加するための施策について伺いたい。

三沢市体育功労者等表彰・授与式

27日(金)午後3時より三沢市公会堂大ホールに於いて、平成23年度三沢市体育功労者等の表彰・授与式が行われました。

永年にわたり、体育協会の会員として後輩の指導育成と組織強化に尽力し、それぞれの競技の普及発展を通してスポーツの振興に寄与されました。

受賞された皆様、おめでとうございます。

これからも、三沢市のスポーツの普及発展の為に、健康にご留意され益々ご活躍されます事を心からお祈り申し上げます。

そして、スポーツ賞・スポーツ奨励賞を受賞した生徒のみなさん!

これからもスポーツマンらしく頑張って下さい!

皆さんは三沢の☆です!!

以下、体育功労表彰・体育協会功労表彰を受賞された方々をご紹介します。

【三沢市体育功労表彰】(敬称略)

・馬場光人(柔道協会)

・澤岸文雄(野球協会)

・佐藤彌(スキー協会)

【三沢市体育協会功労表彰)(敬称略)

・及川万貴子(ホッケー協会)

・羽立俊士(サッカー協会)

・大山宏樹(剣道協会)

・鳥谷部斉(ソフトテニス協会)

・入谷洋子(テニス協会)

・和田信幸(スキー協会)

・佐々木良巳(ゲートボール協会)

・河村和重(空手協会)

・城内基行(バスケット協会)

・山木昭秀(アイスホッケー協会)

※三沢市体育功労者3名、

※三沢市体育協会功労者10名

※三沢市スポーツ賞37名

※三沢市スポーツ奨励賞(中学生の部)57名

※三沢市スポーツ奨励賞(小学生の部)57名

未来を創る“ちから”・・・「鬼丸昌也 講演会」に参加して

20日(金)、青森中央学院大学で開催された鬼丸昌也さんの講演会「こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した」。に参加しました。

とても勇気づけられると同時に、 何か体が楽になっていくような感じを覚えました。

自分は、ちょっと急ぎ過ぎていたのではないか・・・。もっと周りを見て自分が出来ることを一歩一歩、踏み しめながら進んでいこう。

政治は結果責任ですが、勇気を持って継続し努力していく中に信頼や感動が生まれるだと思いました。

結果を急ぐのではなく問題意識 を共有できるよう地道に活動していくことを心に誓いました。

ゆっくりと進んでいいんだ!

それだけで、どれほど気持ちが楽になったのか・・・。

少しだけ・・・私、変われるような気がしています。

鬼丸さんも言っていました。

「全ての人には、未来を創る“ちから”があるんだよ。その事を信じよう!そして、変化する能力も全ての人にあるのです。」

会派みさわ未来の情報紙Vol.7を掲載しました

今回初めて、議員提出議案について各議員の賛否について掲載しました。

これも「開かれた議会」へ向けての一歩です!!

なお、任期中の最後の議会報告会&タウンミーティングとなります。

みさわ未来のメンバーが全員、再選しお会いできますよう頑張りたいと思います。

「みさわ未来」はもっと謙虚に!?(第7回議会報告会&TM)

18日(水)午後6時30分より三沢市総合社会福祉センターに於いて、会派みさわ未来による「第7回議会報告会&タウンミーティング」を開催いたしました。

当日は、選挙が近いという中、27名の方々にご参加いただきました。本当にありがとうございました。

さて、議会報告会では、やはり費用弁償の日当廃止条例が否決されたこについて意見を沢山いただきましたが、一番印象深かったのは「みさわ未来は、もっと謙虚になって仲間作りをしなければ条例なんて一本も通らない!」というご意見でした。

民主主義のルールは多数決!

どんな内容によっても議員のご理解をいただき多数を確保しなければならいことは、百も承知しているところですが、改めて指摘されると何とも言葉を返せないことに気付きました。

その方からは、さらに「みさわ未来全員の当選を信じているので、改選後は仲間ともっと話合う機会を多くして、みさわ未来の考え方を時間をかけて説明することが大事ではないか」というご意見もいただきました。

私は、自分の事を言われているような気になりました。

今、考えてみれば・・・他会派の方々の対応にもっと慎重であっても良かったような気がしています。

しかし、当時、もう少し時間を掛けると纏められるような感じを持たせたまま・・・先送り、先送りとされてきたことも事実ですから、私たちの行動は遅いくらいと考えておりますが、条例を可決するための努力は他にあったのかも知れません。

多数を確保することは議会運営では必要な事です。

私は、今後の三沢市議会は、正に政策中心で議論していかなければならい時にきていると思っています。

これはそもそも、議会というより議員の“質”の問題なのでしょうが、それ以上に市民の皆様の議員に向ける視線や監視が必要ではないでしょうか!

議会改革に消極的な議員の共通している発言は、「市民は誰が議員になっても同じだと思っている。市民は政治なんか、とっくに諦めている」と言い放ちます。

だから、自分達が忙しくなったり面倒くさい事はやりたくないのです。

こういった議員を政治上、強くしていった原因は市民の皆様にもあるのではないでしょうか・・・・!?

以下、当日の次第です。

【 議会報告会】

①第1回臨時会の報告

・職員の給与に関する条例について

②第4回定例会の報告

・平成23年度一般会計補正予算(第4号)について

・三沢市特別職の職員の給料等に関する条例について

③常任委員会並びに特別委員会の報告

・産業建設常委・中心市街地活性化対策特委・基地対策特委について

④議員提出議案の報告

・費用弁償の日当廃止条例について

【タウンミーティング】

①市民協働のマニフェスト「みさわドリームプラン」について

復興は君たちの双肩にあり!(三沢青年会議所「新年会」)

17日(火)午後6時30分より、きざん三沢に於いて社団法人三沢青年会議所の新年会が、来賓(中野渡詔子衆議院議員、山崎力参議院議員、小桧山吉紀県議会議員ほか)、県内来訪JCほか関係者160名の参加をいただき盛大に開催されました。

第49代理事長、山本高久君の開会の挨拶は、流石に緊張していましたね。

しかし、1年間・・・理事長職を務めると何と、一皮も二皮も剥けて立派になるんです。

正に、立場が人をつくる!!

JCは、そういう意味に於いては若者の人材育成の最先端を行っている団体である事は間違いなしです。

毎年、JCの新年会に出席させていただいておりますが、頼もしさを感じると同時に「まだまだ負けられないぞ」と自分自身に気合いを入れております(笑)。

さて、新年会では、青森ブロック協議会会長の阿部吉平君から「2015年に八戸JCが全国大会の開催地として立候補する」旨の報告がありました。

公益社団法人日本青年会議所では、2012年~2014年の3カ年を「東北の復興年度」と位置づけ、全国のJCが一丸となって運動を展開するとのことで、正に2015年は復興した東北を全国のメンバーに見てもらう全国大会にするために立候補するのだそうです。

一瞬、背中がゾックとしました。

是非とも誘致運動を成功させ、この青森、八戸で全国大会を開催してもらいたいと思うと同時に、シニアとして全面的にバックアップしたいと思います。

青森ブロック協議会の皆様のご健闘をお祈りします!

最後になりましたが【山本高久理事長の2012年のスローガン】を紹介します。

『日々前進、一歩踏み出す勇気と情熱』

~志をひとつに進化と継承、輝く未来を目指して~

この震災の復興は、JCの双肩にかかっています!

がんばれ三沢JC!がんばれ八戸JC!

最後になりましたが、私が所属する三沢市消防団第10分団の後輩の中塩広司君がJCに入会しました!おめでとう!

彼の言葉・・・「大切な事を本当に大切に思いたい」 イイ言葉ですね!がんばれ広司!!

平成24年 三沢市消防出初式

15日(日)午前10時より三沢市総合体育館前に於いて、「平成24年三沢市消防出初式」が挙行されました。

1分団から17分団並びに女性消防組織の方々はじめ分団員総勢360名。

航空自衛隊消防隊、三沢米軍基地消防隊の隊員も参加し三沢市ならではの国際色豊かな消防出初式となりました。

当日は、極寒の雪模様のお天気でしたが消防団員になって18年目・・・このような出初式は初めてでした。

寒いの寒くないの・・・。

私は、車両班(機械班)として整列、観閲を受けましたが、後10分は持たない・・・そんな思いで整列しておりました。

写真は、集合前のものですが、この後すぐ雪になったんです(泣)。

今年1年、三沢市内での火災や災害が1件も発生しないことを市民の皆さんと共にお祈りしたいと思います。

最後になりましたが、分列行進の後の式典で我が10分団から以下の方々が5年表彰を受けられました。

みんさんおめでとうございます!!

苫米地悟団員、竹林大輔団員、上岡明智団員、小原明広団員、

三沢高校同窓会「同窓のつどい」の開催

14日(土)午後6時から、きざん三沢において青森県立三沢高校の同窓会「同窓のつどい」が開催されました。

聞くところによると・・・全同窓生を対象に行われるのは初めてとのことでしたが、約200名の方々が参加されました。

オープニングは吹奏楽部の演奏!

初めに、伊東同窓会長(私と同じ23期)から挨拶がありました。

続いて、明石校長から挨拶がありましたが、卒業生が約2万500人だそうで来年には60周年を迎えるとのことでした。

そして、私の当時の担任で沢高1期生の工藤英明元校長から乾杯の音頭がありました。

私ども23期生は、9名の参加でしたが13名参加の6期生の次に多い出席者だったそうです。

盛り上がった23期生は久しぶりに皆で2次会にくり出し夜遅くまで呑み明かしました!!

上の写真は、同窓会を大いに盛り上げてくれた三沢のプレスリーこと26期生の土岐くん!!nice jobでした!!

最後になりましたが、この場を借りて企画、運営をして下さいました伊東会長ほか同窓会役員の皆様に心から感謝申し上げます!!

日本宇宙少年団みさわ分団の活動始め!

14日(土)午前10時から、古牧温泉青森屋の“曲り屋”において、宇宙少年団みさわ分団の活動始めが行われました。

当日は、90名を超す団員並びにご家族の方々が参加し、餅つきや宇宙カルタで大いに盛り上がりました。

私も分団の顧問、SEL(宇宙教育指導員)として子供たちと一緒に楽しみました!

餅つきでは、“合いの手”を担当しましたが、皆の力強い餅つきに負けずと一生懸命に頑張らせていただきました。(マジ汗だく!)

以下、餅つき、宇宙カルタ大会のスナップです。

上手く、伝えられませんが宇宙カルタ・・・真剣勝負ってことで予想以上に盛り上がりました!

また、この宇宙カルタはJAXAが制作したものがありますが、現在は予算の都合上商品化していないとのことで名久井、篠塚、両副理事の手作りのカルタなんです。

本当に、スタッフのモチベーションの高さには敬服しますね!っていいますか・・・私も「子供だ~い好きです!!」

「がん検診」を市民運動へ!!

11日(水)、12日(木)と二日続けてお通夜に行ってきました。

故人お二方共に、癌が原因でのお別れでした。

享年、62歳と44歳・・・。

あまりにも若く、悔しくて・・・ご家族の皆様の事を考えると言葉が見つかりません。

癌は2人に1人がかかり、3人に1人が亡くなっています。

しかし、早期発見早期治療で根治できるのです。

現在、国を挙げて癌の撲滅に力を入れておりますが、本県では検診受診率が20%台に止まっているのが現状です。

三沢市に於いても、市立三沢病院が癌の拠点病院に指定されているにも関わらず、市民の意識が低く平均すると同様の結果となっています。

私も、度々この問題に触れて参りましたが、検診率を画期的に向上させるためには一体何が重要なのでしょうか。

現在、市(国庫補助)では以下の対象年齢者に対し

乳がん検診」は平成23年4月1日時点で40歳、45歳、50歳、55歳、60歳の女性

子宮頸がん検診」は平成23年4月1日時点で20歳、25歳、30歳、35歳、40歳の女性

「大腸がん検診」は40歳・45歳・50歳・55歳・60歳の男性、女性

無料クーポンを発行し、検診を進めて進めておりますが30%台と低迷しております。

そういう自分自身が、50歳であるにも関わらず先延ばししてきました。

この機会に、私自身が意識を変え検診してきたいと思います。

また、現場に足を運ぶ事によって分かる事も多々あると思いますので、改めてこの機会に「がん検診」について勉強し取り組んで参ります。

現代の医学では、本当に早期発見早期治療で根治できるのです!

市民の皆様へ

自分の命は自分で守らなければなりません。

癌に対しての意識改革を進め、一人でも癌で亡くなる方を無くしていく!市民運動へして参りましょう!!

がん検診については市ホームページでご確認ください。

三沢市健康福祉部 http://www.city.misawa.lg.jp/index.cfm/6,5359,15,114,html

Page 1 of 212