〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2013年1月のフライト日誌

飛行ペンギン弘前に現れる!アップルウエーブの生放送に出演しました

17日(木)弘前市立小沢小学校で「飛行ペンギン」のアウトリーチを行って来ました。

この授業は、子どもたちの理科や科学に対する興味関心を引き出すため、八戸工業大学メカトロニクス研究会とNPOテイクオフみさわが共同開発した「飛行ペ ンギン」のデモフライトとあわせ、ラジコン飛行機・ラジコンヘリコプターな どの最新技術に触れることができる場を提供する事を目的に開催されたものです。

また、今回の取り組みは、教育支援プラットフォームの上北地区協議会による事業として実現したものですが、同プラットフォーム中南地区協議会との連携して行った経緯から、今後は県内各地区協議会の横の連携を構築するための大きなきっかけとなりました。

また、当日は東奥日報社、ATV、アップルウエーブの取材がありましたが、アップルウエーブさんは2時から10分間の生放送(radio&applestream(動画配信))を行っていただきました。

私も取材を受ける形で出演させていただきました。

そうしたら・・・何とドバイ在住の吉田寿さんから

【アップルウェーブのapplestream(http://applestream.jp/)を視聴していたら太田博之さんが出演中でびっくり!】

と投稿があって、さらに私がびっくり!ネット世界だから、当たり前と言えばそれまでだけど・・・本当にリアルに世界が繋がっていることを改めて感じました。

なお、applestreamの動画はこちらからご覧ください

小沢小学校に空飛ぶペンギン現れる!

もうひとつの成人式!

14日(月)、NPO法人障がい者地域生活支援センターぴあの成人式にお招きをいただきました。

こちらで活動をしている中で、今年は5名の皆さんが新成人を迎えました。

今日は、その内3名の方が出席されて共に活動している仲間達から沢山の祝福されていました。

私も、お祝いの言葉を述べさせていただきましたが、日々一生懸命に頑張ってる方々の明るい笑顔に・・・こちらが勇気づけられました。

現状、こういった施設の運営は大変厳しい状態ですが、スタッフの皆さんの頑張りで、これまで以上に充実した環境づくりが進められていることは本当に素晴らしい事です。

そうした入所者やスタッフ頑張りを目の当たりにし、市民の一人としても心から応援したいと思います。

最後になりましたが、改めて新成人を迎えられた皆さんに心よりお祝いを申し上げます。

同法人の運営するパン工房ありす(就業移行施設)で作られたピザでお祝いをいたしました。

本当に美味しかったです。

皆さんありがとうございました。


平成25年三沢市成人式

13日(日)午後1時より、三沢市公会堂大ホールに於いて「平成25年三沢市成人式」が開催されました。

今年、成人を迎えられた方は437人(男子232人、女子205人)で式典には、その内342人が出席し、厳粛の中にも穏やかに執り行われました。

また、式典終了後は「20歳のつどい(立食パーティー)」が、三沢市連合婦人会のご協力のもと開催され、新成人の皆さんは久しぶりに再会した友人達と大いに盛り上がっておりました。

写真は、開会前の舞台での一コマ・・・この時は、ちょっとだけリラックスしてますが、この後超キンチョ~です。

以下、成人式の次第です。

・国歌斉唱

・市民のちかい

三沢高校卒業者 立崎 愛さん

・式辞

三沢市長 種市 一正

・来賓祝辞

三沢市議会議長 舩見 亮悦

青森県議会議員 小桧山 吉紀

・新成人のことば

三沢商業高校卒業者(男子代表) 駒沢 圭亮さん

三沢高校卒業者(女子代表)内條 里見さん

・励ましのことば

(社)三沢青年会議所 佐々木 文仁さん

・記念品贈呈

三沢市教育委員会委員長 熊野  稔

三沢高校卒業者 山端 美佳さん(代表受領者)


改めまして・・・

新成人の皆様、ご成人おめでとうございます。

今年の成人の皆さんも、とても態度が立派でした。

さて、成人の皆様に人生の先輩として第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディの1960年の大統領就任演説の言葉(一節)を送ります。

米国民の同胞の皆さん、あなたの国があなたのために何ができるかを問わないでほしい。 あなたがあなたの国のために何ができるかを問うてほしい。

世界の市民同胞の皆さん、米国があなたのために何をするかを問うのではなく、われわれが人類の自由 のために、一緒に何ができるかを問うてほしい。

最後に、あなたが米国民であれ、世界の市民であれ、今ここにいるわれわれに対して、われわれがあな たに求めるのと同じ力と犠牲の高い基準を求めてほしい。善良な良心を唯一の確かな報奨として、歴史を われわれの行為に対する最後の審判として、神の祝福と助けを求めながらも、この地球上における神の御 業を真にわがものとしなければならないことを知りつつ、われわれの愛するこの土地を導いていこうでは ないか。

今日はみさわ温泉の日です

今日1月12日(土)は、三沢市市民提案事業で実施している実験イベント「みさわ温泉の日」です。

この事業にご理解をいただいている木崎野温泉、あおば温泉、岡三沢温泉、空港温泉、太郎温泉、スパハウスかわむら、市民の森温泉浴場の7店舗に家族で行くと、中学生以下が無料で入浴出来ます。

この機会に、家族の絆を深めスキンシップを図っていただければ幸いです。

この事業については、3月10日(日)に、温泉活用に関わるフォーラムを開催する予定となっておりますが、現在、最終調整にかかっておりますので、決定次第お知らせいたします。

何れにいたしましても、温泉を活用した事業を通じて三沢市を元気にしたいと思います。

さぁ~皆さん、今日は温泉で語り合いましょう^^♪

八戸工業大学の藤田成隆学長を表敬訪問いたしました

11日(金)午後3時30分より八戸工業大学の藤田成隆学長を表敬訪問いたしました。

これは、昨年からNPOテイクオフみさわと八戸工業大学メカトロ研究室と協働で進めて来た「飛行ペンギンプロジェクト」通じ、提案していたNPOテイクオフみさわと八戸工業大学との連携協定を結ぶ事について、改めて今後の進め方についてお話させていただきました。

お陰さまで、藤田学長からも「今年度中に締結をし、平成25年度より実施できるように進めたい」とのお願いに、ご理解とご協力をいただくことができました。

今後は、連携事業の中に、地域の活性化や学生の育成に止まらず、県立三沢航空科学館の事業へのアドバイスは勿論、キャリア教育にも強く連携を図っていくことも合意できました。

これで、私達が目指す“一人でも多く関われる科学館”、「コミュニティミュージアム」に向け大きな一歩を踏み出すことができます。

地域の皆様には、この連携事業に大いにご期待いただくと同時にご支援を宜しくお願いいたします。

八戸大学 大谷真樹学長の講義に参加しました

9日(水)午前10時より八戸大学三保野キャンパスで行われた「日本一受けたい集中講義in八戸大学」に参加してきました。

その第1講座は大谷真樹学長の「革命の起こし方教えます」です。

大谷学長とは中学の同級生!

彼の中学までの時代を知っている私として、高校・大学・社会人・・・そしてベンチャー企業の社長として今は学長と・・・

順風満帆だと思いきや、本当に自分は何事にも中途半端でダメリーマンだった!

バブルが弾け、身内に高額の借金が残った時には「我が人生、我が運命を呪った」とまで言い放ちました。

しかし、その彼が何で今の自分を取り戻したのか・・・

それは「自分の運命は絶対に変えられる!他人に自分の運命を決められてなるものか!」彼の言葉を借りると改革ではなく革命を起こそうと思った。

正に、この一言に尽きるのではないでしょうか。

最後に講演で強く心にとめた言葉を紹介します。

自分を本当に追い込んでいますか?

過去は未来に全く影響を与えない。勿論、学歴、成績、経歴は関係ない。

過去を評価する・・・?。未来のコミットと結果が全て!

自分自身が限界を創り出している!

市民の魂を震わせるミッションを探せ!

大義無き革命は支持されない。改革ではダメだ!革命を目指せ!

堂々と旗を振れ!仲間を募れ!新しい言葉を創れ!

革命家は自分の未来は自分で決めている!

八戸大学 大谷真樹 「革命の起こし方教えます」より

平成25年三沢市「新年互礼会」の開催

7日(月)午後12時より、きざん三沢於いて、「平成25年新年互礼会」が、市民、政財界はじめ基地関係者等の方々参加のもと盛大に開催されました。

主催者挨拶として種市一正市長より三沢市総合振興計画の前期基本計画が平成24年度で終わり、平成25年度からは後期基本計画がスタートする。

「人とまち、みんなでつくる交際文化都市」の創造を目指して参ります、と抱負を語られました。

また、、恒例となりました、航空自衛隊北部航空方面隊司令官や三沢米空海軍の面々が、市民の皆様に対し親しくご挨拶される光景は、まさに「基地との共存共栄」をまちづくりの基本理念としている三沢市ならではの一コマではないでしょうか!

私も沢山の方々と新年のご挨拶をさせていただきました。

さぁ~本格始動です!

勇気を奮い立たせます!

JAXAタウンミーティングin三沢航空科学館

6日(日)県立三沢航空科学館に於いてJAXAタウンミーティングが開催されました。

JAXAタウンミーティングとは、市民の皆様と直接お話をしながら日本の宇宙航空開発について意見を交換する、これまでになかった新しい形の意見交換会で、当日も沢山の方々からご意見やご質問がでました。

【JAXAタウンミーティング

さて、今回は川口教授と沖田センター長を迎えと題し2部構成で行われました。

<第1部>

日本の宇宙開発の明日について~友人宇宙ロケットの開発~

JAXA宇宙輸送ミッション本部

宇宙輸送系システム研究開発センター長 沖田耕一氏

<第2部>

「はやぶさ」が挑んだ人類初の往復の宇宙旅行~その7年の歩み~

JAXAシニアフォロー

宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 教授 川口淳一郎氏

何れも30分の講話の後、参加者との意見交換。

そうした中、私が一番感銘を受けた言葉は川口教授の「やれる理由を見つけ、実行せよ」でした。

「やれる理由」、この言葉は本当に深いと感じると同時に私の心のなかで大きな変化がありました。

やれる理由が無ければやれないのではなく、やるためにその理由を見つける・・・。

よしっ!いまから、ここから!

勇気を奮い立たせろ!(年頭所感)

新年あけましておめでとうございます。

2013年が、皆様にとって良い年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

また、本年も変わらぬご支持ご支援を宜しくお願いいたします。

【写真:2日に参拝した旧車力村に在る高山稲荷神社(上)と岩木山神社】

さて、私の今年の最大の目標は、議会改革における総仕上げをすることです。

これまで、当選以来一環として議会改革を唱えてきた私にとって、ようやく議長の諮問機関として「議会活性化検討会」が設置されたことは本当に嬉しいことです。

現在、各会派より具体的な提案が出揃いましたので、今後は優先順位を決め粛々と議論を重ね実行に移して参ります。

概ね、今年中に結論を出し予算措置が必要な事案に関しても積極的に推し進め、平成26年度から速やかに実施できるようにと考えております。

また、このブログでもFB等でも事ある毎に議論の中身や結果についてもご報告をさせていただきますので、どうぞご期待をいただいと思います。

そうした中、今年一年間のスローガンは「勇気を奮い立たせろ!」です。

これまで、いつも初心を忘れず頑張ってきたつもりですが・・・ちょっと、守りに入る傾向を感じてきたり、失敗をしないようにと考えてしまう事があったように思われます。

そこで、今一度初心に帰り、信念を持って政治は勿論のこと、NPO活動等に頑張っていきたいと思います。

以下、今年の目標BEST5です!応援宜しくお願いいたします。

1、議会改革の総仕上げを行う

2、年4回の定例会全てで一般質問を行う

3、市民との協働で条例案を提出する

4、太田博之後援会の充実を図る

5、フルマラソンで5時間を切る

※なお、年末はうかつにも風邪をひいてしまい・・・ブログの更新ができませんでした。お許しください。

Page 2 of 212