〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2013年7月のフライト日誌

議会活性化検討会(第8回)の開催

31日(水)午前10時より市役所4F会議室に於いて、8回目となる議会活性化検討会が開催されました。

今回の案件は、

1、個人研修費の使途の見直し

2、市議会の親睦行事の開催

3、一般質問の一問一答方式の採用、一括質問、一問一答方式との選択制

4、委員会でのパソコン等の使用

5、付属機関等への議員派遣の見直し、審議会への委員就任

<再検討項目>

6、費用弁償の見直し又は一部廃止・費用弁償の廃止

以上について、検討しましたが答申については後日ご報告いたします。

それにしても、意志決定としての検討会というよりは、意見集約の場となりつつあることが一番の懸念材料です。

計画的偶発性理論(教育支援プラットフォーム上北地区研修会)

29日(月)午後1時より三沢市国際交流センターに於いて、平成25年度 教育支援プラットフォーム上北地区協議会の研修会を下記内容のとおり開催いたしました。

【第1部 講演会】

演題:本県におけるキャリア教育の推進~生きる・働く・学ぶをつなぐ~

講師:渡部 靖之氏(県教育庁生涯学習企画振興GM、主任社会教育主事)

【第2部 演習】

テーマ:地域の教育資源を活用した教育プログラムの研究

コーディネーター:渡部 靖之氏( 同上 )

<トークセッション>

スピカ―

・武田 光正氏(住友化学株式会社 三沢工場 副工場長兼総務部長)

・上玉利 正史氏(住友化学株式会社 三沢工場 製造部 生産企画チーム課長代理 製造技術担当)

・坂本 和巳氏(三沢市立おおぞら小学校 教務主任)

<グループワーク>

4班に分かれ地域の教育資源を活用した授業づくりの演習

<発表>

以上

さて、皆さんは計画された偶発性理論をご存知でしょうか?

(英語: Planned Happenstance Theory)とは、スタンフォード大学ジョン・D・クランボルツ教授が提案したキャリア論に関する考え方。

個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこうという考え方。

第1部の渡部氏の講演の中で、今回初めてこのような考え方を知りましたが・・・

この考え方は、私の人生に於いてもうなずけることが多々あり、今後、偶然を必然と感じられるよう、子供たちをその目標に導くことのできるキャリア教育を構築してかなければならいと強く感じました。

さらに、地域の繋がりのお話の中でネットワーク3原則も教えていただきました。

1、自分でできることは自分だけでしない

2、他人に迷惑を掛けることを恐れてはいけない

3、一人ではとてもできないようなことをする

このことも、今後の地域連携の構築に当たって重要なポイントとして実行していきたいと思います。

何れにいたしましても、学校(教員)と企業や地域の方々が、将来を担う子供たちのキャリア教育を語る機会が如何に大切なことか改めて認識いたしました。

あっという間の3時間・・・本当に楽しい時間を共有させていただきました。

ご参加いただいた皆様に心から感謝申し上げると共に、今回の研修会の講師並びにコーディネーターを務めていただきました渡部先生にはこの場をお借りして心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。そして、今後ともご指導方宜しくお願いいたします。

最後に・・・このキャリア教育に真正面から向かっている地域(学校)と、そうでない地域とでは今後学校教育だけではなく、まちづくりの観点からも大きな格差がうまれることは言うまでもありません。

このことは冒頭、私の挨拶の中で強く訴えたことです。

子供の医療費の自己負担に於ける所得制限が低すぎる(市民の声を聴く会)

本日、27日(土)午後1時30分より三沢市総合社会福祉センターに於いて、会派みさわ未来主催の「第13回議会報告会&市民の声を聴く会」を開催いたしました。

七夕まつりと重なったこともあって、ご参加いただけなかった方もいらっしゃる中で10名の皆さまにご参加いただきました。

この場をお借りして心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、今回も沢山のご意見やご質問をいただきましたが、その中で若いお父様から子供医療費についてご指摘をいただきました。

「私は子育て世代の一人として思う事は、子供の医療費の自己負担(2割)の所得制限が三沢市が230万円、十和田市と八戸氏が460万円で、人口規模が同等のつがる市に於いては制限なし。これでは三沢市は子育て世代に対してやさしい施策とは言えない。」

とのご意見でした。

この事については、私も勉強不足で・・・知らなかったことも有り、正直驚きました。

もちろん次回までに一般質問なり委員会で取り上げる事を約束させていただきましたが、まだまだ・・・勉強不足は否めないと、今一度議員の質を上げるため日々精進しなければと思いました。

また、今後は会派拓心会が議会報告会に強く反対していることから、今後はみさわ未来と会派市民クラブの統一会派も考えて欲しいとの要望もありました。

現在、議会改革などでは意見がそれほど違う訳でもなく、今後は政策についても議論を重ね前向きに市民クラブとの統一会派を考えていきたいと思います。

最後に今回出された主な市民の声です。

・最近三沢市へ引っ越して来たが、こうした取り組みは議会の中身が分かってとても良いと思う。

・最近のクマ出現情報はマックTVで出ているか?情報メールとマックTVは情報共有されているか?

・三沢市の行政改革の内容が知りたい。

・米軍人(いわゆるYナンバー)の事故が多いように感じるが対策はあるか?

・審議会等の公募委員の選出について、透明性が欠けている思う

・費用弁償の廃止を何とか実行して欲しい。みさわ未来に期待している!

県立三沢航空科学館10周年記念イベント!

8月3日(土)、4日(日)は、メモリアルフェスタ!県立三沢航空科学館の10周年記念イベントが開催されます。

アニソンの帝王!水木一郎ショーほか、子ども達向けのステージイベントです。

もちろん、観覧無料ですから、この機会にご家族様で科学館へ遊びに来て下さい!

科学館の主役は、いつも子ども達なんです!

っていうか・・・指定管理者として7年目を迎える今年・・・

本当に、時の経つのは早いものです。

これからも一人でも多く関われる、市民参加型のコミュニティーミュージアムを目指して参りますので、今後とも宜しくお願いいたします。

ミュージアムキャンプ参加者大募集!

今年もやります!!

県立三沢航空科学館では8月10日(土)、11日(日)に恒例のミュージアムキャンプを開催いたします。

小川原湖でのカヌー体験や天体観望会、ペットロケット工作(大会)など、楽しさ300%!!

詳しくは科学館の下記HPでご覧下さい。

お問合わせ先:県立三沢航空科学館0176-50-7777(担当:名久井・横田)

バラ焼きはお祭りの味!(中央町二丁目祭礼委員会事務所開き)

21日(日)午後7時より祭礼事務所に於いて、本年度の中央町二丁目祭礼委員会の事務所開きを行いました。

例年、この時期に開催している事務所開きですが祭礼委員長としていつも挨拶で行っている事は同じで・・・

明日から始まる祭り囃子(太鼓)の練習は基より祭り期間中の安全について。

取り分け、山車の運行での子ども達への気配り、配慮を徹底し、事故のない祭り運営に努めることです!

また、地域の祭りとして、地元を元気にする!

いわゆる、魂の燃えるような祭りになるよう皆で盛り上げて行こう!とお願いをしております。

そうした中、昨年は自作山車の審査に於いて、史上初の3年連続となる最優秀賞を逃したことから、山車の大幅な改造に着手し新たな気持ちで3連覇を狙う意気込みで山車組みは連日夜遅くまで頑張っています。

今年で祭礼委員長を拝命して何年になるのか・・・もう忘れましたが、祭り男としては、この時期本当に燃える想いで祭りの成功に向け最大限の努力をいたします!

祭礼関係者の皆さまには、本年も宜しくお願いいたします。

なお、事務所でのつまみは我が祭礼恒例の「赤のれん」のバラ焼きとホルモンです^^♪

参議院選挙の期日前投票に行って来ました!!

参議院選挙の期日前投票に行ってきました。

以前、報道されていたとおり三沢市商工会が「2013参 議院選挙 選挙セール in MISAWA」と題して、投票率UPに一役買っています。


こういった企画には、賛否両論あるとは思いますが、私としては地域の活性化も含め、今後も継続して いただきたいと思います。

それにしても、全国的に低投票率が懸念される中、市民の政治への関心はいったい何処へ行ってしまったのでしょうか。

今回の参議院選挙は、ねじれ解消の有無やそれに伴う憲法改正など、重要な選挙であるにも関わらず、前条での期日前投票も各地位に於いても前回を下まっわっているようです。

政治に身を置く一人として・・・地方(地域)の自主、自立を前面に出した協働のまちづくりを辛抱強く、かつ謙虚に我々地方議員が一所懸命に努力することこそが肝要ではないでしょうか。

私は、その為にも議会改革を進めながらも、行政のチェックと一つでも多くの政策提言をして参りたいと思います。

平成25年度夏の交通安全県民運動市民総決起大会の開催

19日(木)午後2時より三沢市公会堂大ホールに於いて、平成25年度夏の交通安全県民運動市民総決起大会が開催されました。

市民は勿論の事、自衛隊並びに米軍関係者も多数参加するなど、市民総ぐるみでの交通安全運動は、年々盛り上がりをみせています。

現在、三沢市は交通死亡事故ゼロ185日を達成しておりますが、さらに記録を更新するべく市民の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

なお、この安全運動の期間中は子ども達が夏休みということもあり、七夕祭りやみさわ祭り等も開催されます。

ドライバーの皆さまには、子ども達への気配りをいただきますようお願いいたします。

運動重点項目は以下の3点です。

1、子どもと高齢者の交通事故防止

2、自転車の安全利用の推進

3、飲酒、暴走運転の根絶

長女の結婚式を終え無事に帰って参りました

7月4日(木)にこちらを発って2週間余り・・・

現地時間の6日(土)にハワイで挙式を行い、その後サンフランシスコで友人の所に御世話になり、さらにラスベガスまで足を延ばして参りました。

結婚してから初めて家族揃っての海外旅行をはじめ、新婚旅行に行っていない私達夫婦にとっては初めて2人っきりの旅行と、初めてづくしの機会となりました。

これも長女の結婚式から始まったことをきっかけに、とにかく今やれる最大限の思いでづくりを家族みんなで考え実行しました。

振り返ってみると、弘前城リレーマラソンの参加から始まったこの思いでづくりも今こうして何事も無く無事に終えるこが出来ました。

これも偏に従業員はじめ、私が関わっている団体スタッフのご理解の賜と心より感謝申し上げます。

私達家族は、本当に幸せ者でございます。

これからは長女愛夢とマシューが幸せな家庭を築くことは勿論、私達家族は、これまで御世話になった方がへの感謝の気持ちを忘れず学業、仕事に精進して参ります。

特に、私としては今回の旅程に於いて、様々な視点から自分自身並びにまちづくりを考える機会をいただいたことから、新たな感覚で政治活動は勿論のことNPO活動や地域活動へ役立てたいと考えております。

最後になりましたが、日本を離れ世界の視点で我が国、日本を見た時に改めて日本人としての誇りを感じると共に、我が国の子ども達が世界中で活躍できる人材育成に今後とも全力で取り組んで参る所存でございます。

みなさま、この度は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

愛夢、マシュー結婚おめでとう!みんな2人の応援団です♡

娘の結婚式に出席するためハワイに行ってきます^^♪ 

娘が、アメリカ時間の7月6日(土)にハワイの教会で挙式を行います。

この歳になって、家族全員で海外旅行が出来るとは思ってもみませんでしたが、長女(愛夢)の国際結婚で実現することになりました。

【写真:先ほど投稿された娘のFBから・・・「Hawaii!!」】

お相手は、アメリカ国籍でフィリピン系の28歳のマット(マシュー)です。

娘にはもったいない優しくて誠実な男です!

お互いに、家族だけの式ですが、心から2人の幸せを願い、思い出深い式になるよう家族で力を合わせ盛り上げたいと思います!

また、式が終わった後は、折角の機会ですので女房と一緒にサンフランシスコに居る友人の所へ寄って来ます。

帰国は、日本時間で7月19日(金)、三沢に戻るのが翌20日(土)です。

長期留守にいたしますが、お祭り関係者、NPOテイクオフみさわ並びに宇宙少年団みさわ分団の皆さまには、事業直前の中、ご迷惑をお掛けしますが、娘の結婚に免じましてお許し下さい。

それでは、思いっきり楽しんで来ます!「いってきま~す!!」

Page 1 of 212