〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2014年4月のフライト日誌

みさわおもちゃ病院がオープンしました!

13日(日)県内では6番目となる「みさわおもちゃ病院」が青森県立三沢航空科学館内にオープンいたしました。

午前10時の開院に合わせ行われたセレモニーには、「みさわおもちゃ病院」の下谷院長、大柳館長。

そして、青森県おもちゃ病院ネットワーク会議の小山内会長(弘前おもちゃ病院院長)にもご出席いただき盛大に行われました。

また、今回の開院に当たり、市内のボランティア団体(以下のとおり)の皆様も多数駆け付けていただきオープンに花を添えていただきました。

○琴演奏:生田流箏曲正弦社 雅の会(代表 梁田眞子氏)

○ハーモニカ演奏:三沢ハートフルトーンズ(代表 山村義一氏)

○バルーンパフォーマンス:山本親男氏

○鉄道模型展示:向山愛好会 (吉田健志氏)

この場をお借りして、心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、おもちゃ病院の目的は、ただ単におもちゃを修理するのではなく、世代間の交流をはじめ物を大切にする心や、ものづくりへの思い。

さらには、一つひとつのおもちゃに詰まっている思い出を大切にする心を育むことも含まれています。

そうした中、今回訪れてくれたご家族の皆様の笑顔には、参加したドクター達も本当に喜びを感じておりました。

後日、改めてフェイスブックページを立上げ、この事業主体であるNPO法人テイクオフみさわのHPとリンクをし、ドクターのプロフィールや活動内容等を随時紹介したいと考えております。

最後になりましたが、平成26年中は毎月第3日曜日の午前10時~12時まで開院しておりますので、是非この機会に思い出のおもちゃを今一度思いだしていただければ幸いです。

平成26年度三沢市行政組織機構図

11日(金)にようやく議会事務局から「平成26年度三沢市行政組織機構図」が届きました。

平成26年度三沢市行政組織機構図(PDF)

今年度、初めて同級生たちの中にも部長級に昇格した方がおります。

何気に歳を感じる今日この頃です。

三沢市の特産ホッキ貝使用の「ほっき味噌」を商品化!

11日(金)、三沢市の冬の名物ホッキ貝を使った「ほっき味噌」を商品 化した同級生の小比類巻眞弓さんの記事が東奥日報の朝刊に掲載されています。

これまでも「みっちゃん工房」から様々な商品を提供してきた眞弓さんですが、これからも市民の地産地消のリーダーとして頑張って欲しいです。

それにしても彼女の作る料理は本当に美味しいんです!

皆さん、是非ともご賞味くださいませ!

「みさわ温泉の日」から「仮称:家族の日」へ(木崎野温泉、あおば温泉)

三沢市協働のまちづくり 市民提案事業の実験事業として行われてきた「みさわ温泉の日」(毎月第2土曜日は家族同伴で中学生以下無料)は、3月8日をもって終了いたしましたが、木 崎野温泉さん、あおば温泉さんは、小学生以下無料と内容は変更になりますが、「仮称:家族の日」として今後も継続してサービスを行う事になりました。

協働のまちづくりは家族の絆から!を合言葉に進めてきた事業ですが、こうした形で継続されることは本当に嬉しい限りです。

三沢市議会 広報委員会委員長に就任いたしました

9日(水)午後1時30分より市役所2F会議室に於いて、三沢市議会広報委員会が開催されました。

この委員会は、昨年度設置された「議会活性化検討会」からの答申(舩見前議長)を受けて、新たに正式な委員会として設置されたもので今回は正副委員長の互選を行いました。

結果、委員長 太田博之(みさわ未来)。

副委員長 高橋武志(市民クラブ)が選出されました。

(広報委員会委員:奥本菜保巳、瀬崎雅弘、鈴木重正、西村盛男、舩見亮悦、以上7名 ※正副議長は所属しない)

平成16年2月1日に発行された「三沢市議会だより第29号」を最後に、三沢市議会独自の広報紙が無くなって10年・・・。

議会改革の一環として、市議会広報紙が新たに発行されます。(8月1日発行予定)

“議会の見える化”が叫ばれる中、議会の活動状況を積極的に市民に広報し、市民の議会に対する理解と関心を深めるために、委員共々最大限の努力をして参ります。

また、広報紙に止まることなく、議会HPの充実はもちろん、本会議並びに委員会等のインターネット中継の実現も視野に議論を重ねて参りたいと思います。

そうした中、委員長として一番力を入れたい事は、決して一方通行の情報機関では無く、市民とのコミュニティツールのーつとしての役割を担って参りたいと考えております。

今後は、市民の皆様のご意見も反映させながら、一歩一歩・・・委員の皆様と共に進んで参ります。

まだまだ不安も多々ございますが、市民の皆様には、8月に発行される議会広報紙にどうぞご期待いただければ幸いに存じます。

最後になりましたが、この委員会は費用弁償(日当)を廃止していると同時に、記事の編集から発行まで事務局の手を煩わせることなく、全て議員の手で進めることとなっております。

入学式での交通安全運動!(市立木崎野小学校)

7日(月)午前12時30分より、本日入学式を迎える三沢市立木崎野小学校に於いて、新入学児童、保護者に対しパンフレットやマスコット等を配布し、交通安全を呼びかけました。

この活動は、6日から始まった全国春の交通安全運動の一環で行われたもので、種市市長、吉田教育長はじめ警察署の関係者の皆様もご参加いただきました。

ドライバーの皆様には、この期間中、黄色い帽子、黄色いランドセルカバーには何よりもまして安全運転のご協力をお願いいたします。

なお、この他に安全協会の方々は早朝の街頭指導(登校児童を安全に誘導するため主要交差点にて活動)も行います。

もちろん私も頑張ります!

三沢市立堀口中学校の入学式に出席して参りました

7日(月)午前9時30分より、三沢市立堀口中学校の入学式に出席して参りました。新入生の緊張した入場から始まり、厳粛の中にも清々しい式でした。

※写真は式典後、撮影したものです

鳥谷部校長先生の式辞では、新入生に対し3つのお願いがありました。

1、毎日の授業を大切にして欲しい

2、思いやりと感謝の気持ちで人に接して欲しい

そして何よりも自分だけでなく人を大切にして欲しいとのお言葉がありました。

また、門上PTA会長からは、先生も家族も皆さんのことを本当に思って言っている。

反抗期も大人の一歩。たまに周りが言っている事に納得いかないことも多々あると思うけど、全て皆さんの為に言い続けている事だけは忘れないで下さいと挨拶がありました。

そして、、新入生代表の『誓いのことば』の中 でも3つの誓いが述べられました。

1、勉強を頑張る

2、生徒会活動を頑張る

3、この3年間で夢や希望を膨らませたい

さらに、自分の将来の職業につても何が良いのか見つけ出したい」との言葉に、強い意志を感じました。

正直、自分が将来何に成りたいのか・・・職業意識を既にこの様な形で表現することにドキッとすると同時に、正に私自身が 取り組んでいるキャリア教育の必要性を改めて強く感じました。

さぁ~、私達も子ども達と共に新たなスタートです!

Page 2 of 212