〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

過去ログ: 2014年6月のフライト日誌

祝結婚1周年!

私の長女、愛夢とマットの結婚1周年を祝うため来月の9日までアメリカへ行って参ります。

帰国後の初仕事は10日(木)の三沢市議会広報委員会からです。

それまで、ブログはお休みいたします。

第6回県生涯学習審議会の開催

27日(金)午後2時から、県警察本部6階 教育委員会室に於いて、第6回青森県生涯学習審議会が開催されました。

今回は、最後の会議。答申(提案)をしっかり纏めたいと思います!

こねまで約2年間、委員の皆様に支えられ、何とかここまでやってこれました。

私自身としては、9期・10期・11期と各地域のリーダーの皆様との出会い、ご縁をいただき本当に勉強させていただきました。

この場をお借りして、関係者の皆様に心からお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

これからは、最終答申がゴールではなく、私達の提案で一人でも多くの県民のみなさまが「学びの種」を拾うことのできる環境作りにさらに邁進していきたいと考えております。

なお、答申(報告書)並びに、審議会としては初の試みとなる県民向けパンフレット(生涯学習のお誘い)は7月中に取りまとめ、作成して教育長へ私と野呂副会長とで手渡すことになっております。

青森県交通安全協会の平成26年度定時評議員会・理事会への出席

24日(火)、午後2時30分より、青森国際ホテルに於いて、一般財団法人 青森県交通安全協会の平成26年度定時評議員会・理事会に出席いたしました。

なお、総会では理事の改選が行われ、再任されました。

今後の、安全協会のあり方について・・・

引き続き存続をかけて真剣に取り組んで参ります。

なお、審議された議案全て原案通り可決・承認されました。

以下、審議された議案です。

・第1号議案:平成25年度事業報告について

・第2号議案:平成25年度実施事業・その他事業等会計収支決算報告

・第3号議案:平成25年度公益目的支出計画実施報告について

・第4号議案:理事・監事の選任について

・第5号議案:評議員の補充選任について

以上

我が三沢市消防団第十分団が第1位!(連合観閲式玉落し競技)

22日(日)開催された、平成26年度三沢地区消防団連合観閲式の玉落とし競技において、我が三沢市消防団第十分団は、第1位となりました。(昨年は僅差の2位)

これも日頃の訓練の賜物です。ちなみに私は、一番左です!

「(仮称)こども館」の建設について(重点要望説明会)

19日(木)午前11時から、市役所4F大会議室に於いて、執行部より平成27年度における、県・国に対しての重点要望の説明会が全議員を対象に行われました。

その中で、厚生労働省の補助金を活用した「仮称:こども館」建設の事業計画が公表されました。

この事業は、三沢市民の子育て環境の充実を図るため、子育て支援の拠点となる「仮称:こども館」の建設費用について、国や県からの補助等が受けられるよう、養成・調整等を行い実施するものです。

概ね、今年度に基本設計、27年度に実施設計、28年度中の着工を目指すとのことであります。

また、建設場所に関しては、中心市街地区域で三沢市総合社会福祉センター及び三沢市健康保険センターにも近く、働く婦人の家の隣にある空き地を考えているとの説明がありました。

建物の活用内容(効果)については、

1、屋内型の大型遊具を設置した子どもの遊び場を設けることで降雪期や雨天時でも子どもを安心して遊ばせることができ、ストレスの解消など親子の心身の負担軽減を図ること。

2、当該施設において、子育て講座や交流会を開き、子育てに関する情報提供や情報交換を行うことで、育児不安の解消など、健全な子育ての知識を学ぶことができること。

3、子育てをするなかで、日常生活上やむを得ない事情に寄り一時的な保育が困難となった時に役立つ制度として、ファミリーサポートセンター事業や一時預かり施設事業がありますが、これらの機能を施設内に設けることで、一貫した子育て支援環境を整備することができること。

4、中心市街地に施設を建てることで、当該施設の利用者が、併せて近隣商店街を利用するなど、相乗的な集客効果が期待できること。

などが、掲げられております。

計画が順調に進めば、平成29年度には運用を開始できることになりますので、市民の皆様には今少しお待ちいただきたいと思います。

以下、最重点事業要望5件と重点要望と重点要望事項10件です。

【最重点事業要望】

1、「仮称:こども館」の建設について(新規)

2、青い森鉄道三沢駅周辺整備について(継続)

3、三沢空港利用促進対策の強化について

4、仮称:青森県総合英語研修センター及び県立高等教育機関の設置について

5、三沢飛行場第2滑走路の早期着工と航空機産業等の企業集積について

【重点事業要望】

1、国有提供施設等所在地市町村助成交付金並びに施設等所在市町村整備交付金の改善について

2、三沢市清掃センター焼却施設の建設について

3、基地対策の強化・促進について

4、仮称:古間木山・松原線の新設について

5、東岡三沢地区外道路整備事業の推進について

6、仮称:国際交流スポーツセンターの建設について

7、原子力オフサイトセンター機能を有する総合防災センターの建設について

8、ラムサール条約登録地「仏沼」の自然環境保全事業の支援について

9、主要地方道八戸野辺地線(花園町工区)の整備着手について

10、国道338号線高瀬川架橋新設道路の整備について

以上

「手話言語法制定を求める意見書の提出について」が満場一致で採択!

本日、午前10時より、平成26年三沢市議会第2回定例会の会議(閉会)が行われました。

会議では、私が提出者となり、議員提出議案第6号「手話言語法制定を求める意見書の提出について」が審議され、満場一致で採択されました。

傍聴席では手話通訳者の方が、傍聴に来てくれた三沢ろう協会の方々へ議事の進行を通訳していただきました。

私も、提案理由の登壇の際に、「おはようございます」だけですが、手話で挨拶をさせていただきました。

なお、この会議の様子は、本日午後10時よりマックテレビで放映されますが、この議案についてはCATV情報課のご協力により、手話通訳も行われることになりました。

お時間のある方は、是非ともご覧ください。

最後になりましたが、今回の請願審査においては、各会派の会長さんはじめ、議員の皆様のご理解をいただき、請願審査の際に参考人(請願者)招致をすることができました。

また、家庭福祉課並びに三沢市社会福祉協議会のご理解とご協力により、手話通訳を交えた大変、内容の濃い会議を行うことができました。

改めて、ご理解をいただいた同僚議員の皆様はじめ関係者の方々へ心よりお礼申し上げます。

本当に、ありがとうございました。

議会終了後、三沢ろう協会の関係者の皆さんが、みさわ未来の控室に来てくれました。

これからも、お互いにがんばりましょう!って記念撮影!

平成26年三沢市議会第2回定例会の閉会

19日(木)午前10時より、本会議場で平成26年三沢市議会第2回定例会の会議(閉会)が行われ、本日追加された以下の議員提出議案も含め全て原案のとおり、可決、承認されました。

・議員提出議案第6号 手話言語法制定を求める意見書の提出について

・議員提出議案第7号 農業委員会委員の推薦について

・議員提出議案第8号 三沢市駅周辺地域当活性化対策特別委員会の設置について

・議案第48号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

※石原政人(いしはらまさと)氏を再任

【平成26年三沢市議会第2回定例会に提出された事件】

・議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(平成25年三沢市一般会計補正予算(第6号))

・議案第34号 専決処分の承認を求めることについて(平成25年三沢市一般会計補正予算(第7号))

・議案第35号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度三沢市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))

・議案第36号 平成26年三沢市一般会計補正予算(第1号))

・議案第37号 平成26年度三沢市国民健康保険特別会計補正予算(第2号))

・議案第38号 三沢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

・議案第39号 三沢市立三沢病院事業会計補正予算(第1号)

・議案第40号 専決処分の承認を求めることについて(三沢市税条例等の一部を改正する条例の制定について)

・議案第41号 専決処分の承認を求めることについて(三沢市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)

・議案第42号 専決処分の承認を求めることについて(三沢市承認企業立地計画に従って設置される施設に係る固定資産税の特別措置に関する条例の一部を改正する条例の制定について)

・議案第43号 三沢市行政改革推進委員会設置条例の一部を改正する条例の制定について

・議案第44号 三沢市手数料条例の一部を改正する条例の制定について

・議案第45号 三沢市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の制定について

・議案第46号 三沢市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について

・議案第47号 上北地方教育・福祉事務組合規約の変更について

以上

予算審査特別員会の開催

16日(月)午前10時より、市役所4F大会議室において、予算審査特別員会が開催されました。

会議では、6月9日(月)の本会議において付託された7件の議案について審議が行われ、全て原案のとおり可決、承認されました。

以下、付託された議案です。

・議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(平成25年三沢市一般会計補正予算(第6号))

・議案第34号 専決処分の承認を求めることについて(平成25年三沢市一般会計補正予算(第7号))

・議案第35号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度三沢市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))

・議案第36号 平成26年三沢市一般会計補正予算(第1号))

・議案第37号 平成26年度三沢市国民健康保険特別会計補正予算(第2号))

・議案第38号 三沢市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

・議案第39号 三沢市立三沢病院事業会計補正予算(第1号)

以上

一般質問を行いました

13日(金)午前10時より開会された本定例会、一般質問の2日目。

山本弥一議員の後、一般質問のしんがりを務めました。

以下、一般質問の内容と答弁の概略です。

1、市民活動保険制度について
少子高齢化や社会環境の変化が進む中、市民によるボランティア活動は、当市の進める
「協働のまちづくり」に欠かすことのできない重要な事案であります。
そうした中、活動中にケガや事故が発生した際の保険対応は、事業ごとに様々であり
未加入の場合も多々あると思われます。
そこで、以下3点について市民のボランティア活動に対する保険制度について伺います。
(1)市の主催、共催、さらに市が依頼した事業での保険制度の現状について伺いたい。

【答弁】

市が主催、共催、または依頼した事業に参加する住民等が障害を被った場合については、総合賠償保障保険で対応いたします。


(2)市民の自主的ボランティア活動に対しての保険制度について伺いたい。

【答弁】

市が把握している事業については、保険を予算化し、加入をチェックしている。

また、市民団体の自主的な活動の際には、活動を行う団体の自主性に委ねているところだが、機会ある毎に加入を勧めている。


(3)全国で加速的に導入されている「市民活動保険制度」の導入について当局の見解を伺いたい。

【答弁】

公益的な市民活動への参加を一層促進し、市民との協働によるまちづくりの観点から、三沢市においてはどの様な制度がふさわしいのか、

市民団体のご意見を伺いながら全国の先進自治体を参考として調査・研究をして参りたい。

2、三沢市の都市計画について
(1)平成22年11月に三沢病院が移転となり、その後三沢空港から三沢病院へとつながる
(市道東岡三沢・松原線)が整備され、交通体系や土地利用の多様化が市民の関心を高めている中、
以下2点について伺いたい。
(1)三沢市の都市計画のこれまでの経緯と現状について伺いたい。

【答弁】

当市では、戦後急激に建物が建ち並んだ市街地を昭和27年から35年に三沢第一土地区画整理事業を皮切りに、

これまで各地域の必要に応じて土地区画整理事業を行ってきた。


(2)今後の三沢市の都市計画の方向性について当局のお考えを伺いたい。

【答弁】

都市計画マスタープランについては、平成42年を目標年次としていることから、中心市街地の進展、人口動態、民間開発の動向など、

三沢市全体の方向性を見極めながら、当街区の都市エリアとしてのあり方を検討している。

3、三沢市の町名整理について
当市における町名整理の現状と今後の対応について伺いたい。
取り分け、浜三沢地区の移転先の町名整理を急ぐべきと考えるが当局のお考えを伺いたい。

【答弁】

移転先地住民の利便性向上のため、みなさんのご協力を得ながら、関係機関(法務局・県)と協議し、町名整理の実施に向け努力して参りたい。

一般質問で野坂篤司副議長が初めて議長を務めました

12日(木)午前10時より本会議場で一般質問が行われ、私の所属する会派みさわ未来の野坂篤司副議長が初めて議長として役目を果たしました!

手前は、3番手として登壇した春日洋子議員

ちょっと、緊張してますかね・・・

とても、凛々しいです!

なお、本日の一般質問では奥本菜保巳議員、高橋武志議員の計3名が登壇しました。

私は、明日の2番手!

本定例会、一般質問のしんがりを務めます!

しかし・・18名の議員がいて、一般質問の通告者が5名とは、誠に残念です!

Page 1 of 212