〒033-0024
三沢市東岡三沢1-79-4
(有)三ツ輪商会内
TEL: 0176-53-1503
FAX: 0176-53-9167
マップはこちらから

お問合せ

フライト日誌

零戦が三沢航空科学館に・・・!?

2009.12.23

CIMG3971

人間の翼」という映画を知っていますか・・・?

実は、この映画で使用された零戦(五二型)が、佐賀県にあるということで、今日、大柳館長とその零戦を見てきました。佐賀県の神崎市にあるその零戦は、過去に科学館の職員も一度訪れておりまして・・・当時、実機の展示(期間限定)にこだわっていたこともあり、立ち消えになっていました。しかし、実機展示の実現が難しい中、零戦を見たことのない人達にレプリカでも良いから「日本航空史100年」のイベントとして再考してはとの思いから、今回の視察(写真上)となりました。まだまだクリアしなければならない問題も多々ありますが・・・、前向きに実施する方向で進めることとしました。

また、その足で・・・今春OPENしました筑前町立「太刀洗平和記念館」を視察して参りました。ここの展示の目玉は、世界で唯一の現存機である零式艦上戦闘機三二型の実物(写真下)であります。

さらに、ご当地、太刀洗飛行場から特攻出撃した「さくら弾機」の搭乗員のことと、数奇な運命をたどり蘇った「九七式戦闘機」を展示、紹介していることです。(九七式戦闘機は撮影禁止になっておりまして・・掲載できません)

CIMG3996私の人生において、子供のころ憧れていた・・・零戦一色の一日でしたが、現在、航空に関わる一員として、とても考えさせられる一日となりました。やはり、九州に来ると太平洋戦争での特攻隊についての話題は、未だに色あせてはおりませんし、その事実を正しく知ることの必要性を改めて感じます。よって、三沢航空科学館での零戦の展示は、たとえレプリカとはいえ慎重に対応しなければならないと再認識いたしました。

最後になりましたが、本日ご案内いただいた九州航空宇宙協会の会員で(有)三愛船舶設計の天本壽人さんには大変お世話になりました。この場をお借りして心からお礼申し上げます。

本当に、ありがとうございました。

プライマリーグライダーの実現に向けて

2009.12.22

CIMG3957

本日、九州航空宇宙協会副会長の前田 建さんとお会いし、プライマリーグライダー製作の実現について色々とアドバイス並びに、全面支援の確約をいただきました(前田さんは、わざわざ福岡空港までお迎えにきてくださいました)。

これで、大きく一歩を踏み出すことができます。明日の午前に再度内容をつめていきますが、九大の麻生教授にもご協力もいただけることで、勇気100倍です(笑)

また、打ち合わせの合間には、前田さんの奥様の手作りのアップルパイをいただき本当に嬉しかったです。実は、このアップルパイの食材のりんごは・・・先日こちらからお送りした、旧倉石村の紅玉を使った物で、私たちの来福に併せて準備していたようで、前田さんはじめ協会の皆様の暖かいおもてなしに感激いたしました。この場をお借りして、心から感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。

CIMG3961ところで、打ち合わせが終わってから・・・麻生教授の研究室に向かい、九大の「航空低騒音風洞実験施設」も見学することができました。この実験装置は、将来の電気飛行機の開発に欠かせないもので・・・大変貴重な体験をさせていただきました。麻生教授にも大変お世話になりました。(九州大学には大学院生も含めて、約15,000人の学生がいるのだそうです!正直ビックリしました。また、宇宙飛行士の若田さんは麻生教授の教え子だそうで・・・前田さんから聞きましたが、宇宙ステーションにいる若田さんから、麻生さんの携帯電話に何度か電話が来ていたそうです(汗)・・・)

ということで、昨夜は、九州航空宇宙協会の中里公哉会長さんも交え、子供たちに喜んでもらえる「作戦」をつまみに、楽しいお酒をいただきました・・・本当に幸せな一日でした。

今日から東京・福岡へ出張に行ってきます

2009.12.21

今日から、24日まで出張です。

21日(月)乃村工藝社本社において、県立三沢航空科学館の企業体(経営者)会議。22日(火)福岡市に於いて、プライマリーグライダー製作の打合せ。23日(水)九州大学航空宇宙部の関係者との打合せ並びに、佐賀県での零戦(復元機)の視察。24日(木)移動日・・・。

街の駅みさわOPEN!

2009.12.19

CIMG394619日、午前9時より、アメリカ村拠点施設MGプラザに於いて、産直市場とチャレンジショップをメインに「街の駅みさわ」がOPENしました。

開会セレモニーの中で、竹林商工会長は、「まちづくりのコンセプトは、“にぎわい”です。今後、商店街の皆さんと知恵を出し合って昔のような“にぎわい”を復活させたい」と、ご挨拶されました。

コンセプトは、“にぎわい”です・・・。まぁ~それは、目的だと思うのですが・・・。いわゆる“にぎわい”をとうしたら実現できるかのコンセプトが重要なのであって、“にぎわい”自体がコンセプトと言われると正直、その先は?と聞きたくなりますね。

また、これから商店街の皆様と知恵を出し合って・・・頑張りましょう。やっぱり、これからのMGプラザの運営も含めて、“にぎわい”の計画が立っていないということなのでしょうか?何れにいたしましても、市民の多くの方々の、ご協力により「街の駅みさわ」がOPENしたのですから、これを契機に、市民参加のまちづくりのスタートになれば良いのでしょう・・・。

CIMG3951しかし、同じアメリカ村の中で、2核1モールの理念の下、大通り地区の事業はどの様になっているのかも心配になります。何故かというと、この「街の駅みさわ」は本来、大通り地区の集客施設のメイン事業だったからです。大通り地区の方々も、これまで本当に頑張ってこられたので、最後まで信念を持って頑張っていただきたいと思います。

フレー・フレー大通り!!

っていうか・・・せっかくのOPENでしたので野菜でも買って帰りたかったのですが、夜勤明けでお財布を忘れて・・・(涙)。ただ、「街の駅みさわ」に反対した私が、買い物をするとイヤミに受け止められますかね?

市議会の私以外が、賛成した「街の駅みさわ」ですから・・・、可決され、OPENした以上、頑張ってもらいたいと素直に思っています。

✑市民からの書き込み「迎合の府」

2009.12.18

どうなっているのでしょうか?
MGplazaって、三沢に根づいたアメリカ文化を体感できる場所だったんですよね?
昨年2月に古牧温泉でのシンポジウムを聞きました。太田市議が取締役として、MGplaza整備やまちづくりへの意気込み、際コーポレーションの中島社長の基地の街ならではのまちづくりなど、三沢が変わるなと、大きな期待と興味をもって拝聴しました。でも、現在ゲート前の建物は完成予想のパースと違い、幼稚園みたいな建物ですが、どうしてあんな建物になってしまったのでしょうか?
ところで、際コーポレーションは、予定通り、出店してくれるんですよね。講演で聞いた時とイメージが違いすぎるのですが、あの建物でも出店してくれるんでしょうか?

市民の方より、この様な書き込みをいただきましたので、私の知っている範囲で回答したいと思います。

まず、建物の外観ですが・・・まったく説明のないままの変更であり、建物の足場が取れて・・・ビックリ(怒)っていうのが正直な感想です。最初の計画された建物とは似ても似つかぬ、全く違う建物になってしまいました。たぶん建設工事費の圧縮の為に、外観や建物の設備等を変更した結果なのでしょうが、三沢のシンボルとなるエアターミナル(大空で世界につながること)をイメージしたデザインが、一体どういったコンセプトで変更されたのか・・・外壁の色のことも含めて私も聞いてみたいです(怒)。

また、際コーポレーション㈱の出店の件は、これも全く知らないうちに・・・紙切れ一枚(アドバイザリー契約の解除通告)で際コーポレーション㈱はサヨナラされていました。そして、未だにその理由を正式に聞いたことがありません(怒)。

やばいんじゃない!
太田さんが質問しても何も答えない役所の人たちって、何かおかしい、隠しているような気がします。なぜ、隠す必要があるのかも理解できません。役所には中心市街地活性化推進室があるようですが、何をやっているのでしょうか?市長の命令で行動するだけの「烏合の衆」にしか思えません。良識の府を辞書で調べたら、「党派をこえて、中立公正な審議をする議会として、参議院をいう。」とありました。三沢市議会は、参議院ではないので、形だけで執行部を肯定する「迎合の府」に成り下がっていますね。頑張って下さい。

ありがとうございます。

中心市街地活性化推進室・・・、朝から晩まで一緒に当初計画を作成した同志だった(過去形)のですが・・・三沢市中心市街地活性化基本計画の認定を国からいただいた時は・・・本当に泣いて喜んだ仲でしたが・・・。アメリカ村の経緯の中で、真実は一つしかないのです!いつかは・・・真実を語ってくれるでしょう!?

「迎合の府」ですか・・・(汗)。

少しづつですが、これからも・・・他の議員の皆様に、私の考えを、あきらめずに訴えていきたいと思います。ただ、私が過去・・・当事者だったので、現在の状況を問い正すのは、筋が通らないのではないかと不快感を表す方もいらっしゃいますが、私は一切責任逃れするつもりもありませんし、その責任を他の人たちへ押しつける為に行動している訳でもありません。

この計画に携わって約9年になりますが、その頃からの責任を、最後まで果たしたいが為に勇気を持って発言しているもので、私自身・・・「何も知らない」で、逃げるほうがよっぽど楽です。

というより、私自身は、現在の進め方を止めて・・・! 再度、市民の皆様と原点に帰って、この計画を真剣に見直すことが出来れば・・・

私は未だ、あきらめてはいません!!