10日(木)午前10時より開会された三沢市議会第3回定例会に於いて、一般質問が行われ2番手として登壇いたしました。

image

今回は行政問題の2点に絞り質問しましたが、質問趣旨は共に「行政経営の見える化」についてです。

市民への説明責任のあり方を提案いたします!

なお、詳しい答弁の内容(動画)は後日UPいたします。

以下、一般質問の概要です。

【行政問題】

1、三沢市総合振興計画 後期基本計画の検証について

平成20年3月、平成20年度から平成29年度までを計画期間とした「三沢市総合振興計画」も、平成25年3月、同後期基本計画が策定され、それぞれ6本の柱の施策が着実に実施されている中、以下について伺いたい。

①後期基本計画の実施に伴う検証がどの様にされて来ているのか伺いたい。

②その検証結果が、今後どの様に活かされていくのか伺いたい。


2、まち・ひと・しごと創生 三沢市総合戦略(素案)について

国の進める、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の素案が、県内各自治体で公表されてきています。先般、国は11月10日に先駆的事業分の交付対象事業を決定しましたが、その中に青森県と14市町村が申請した34事業せべてが採択さました。当市に於いても、12月中を目途に素案を策定する予定となっておりますが以下について伺いたい。

①三沢市総合戦略の進捗状況について伺いたい。

②三沢市総合戦略の方針(概要)について伺いたい。