21日(日)午前9時30分より三沢市公会堂に於いて、あおもりで「生きる・働く」を学ぶ上北地区実行委員会主催の提案授業『三沢の食材で家庭科授業』を開催しました。

12743606_685015441641430_983544345880883879_n

12745592_685015448308096_3002441986439278792_n

18組の親子(1〜3年生の児童とその保護者)に参加頂き、伏見講師からは紙芝居を使って、「食品ロス」「食べ物のムダってなぁに?」「賢い消費者になろう」の授業を、

小比類巻講師からは、三沢の食材「山崎ポーク・ゴボウ・長芋・北寄貝」を使って、カレーとシチューの調理実習を指導していただきました。

12742338_685015508308090_1450813313502134869_n

12745444_685015498308091_8484481297990736327_n

12744120_685015541641420_2296532322904445186_n

12733654_685015604974747_2628945935181006119_n

参加頂いた保護者の中には5人もお父さんがいらっしゃいました。

このことは、カジダンを推奨する私にとっては、本当に嬉しいことです!

12729306_685015731641401_8354857744097458353_n

今回の取り組みは企業や団体が学校で家庭科授業を行うことを想定しての提案授業でしたが、今後は様々な方面に提案し協力を頂いながら実現できるように取り組んでいきたいと考えています。

最後になりましたが、講師を務めていただきました伏見憲子さん、小比類巻眞美さんはじめ、スタッフの皆様に心から感謝申し上げます。

今後とも、ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。