先日、八戸市で開催された「防災フォーラム」で知ったこの1冊。早速、購入しました。

津波が町を襲ったあの日から…2011年5月と11月に、宮城県女川第一中学校で俳句の授業が行われた。

家族、自宅、地域の仲間、故郷の景色を失った生徒たちが、自分を見つめ、指折り詠んだ五七五。

この本から、改めて防災、減災を考えたいと思います。

image1