CIMG447221日(水)午前10時より、「みさわ未来」会派控え室に於いて、ミス・ビードル号復元機による再現飛行計画について、担当課より会派に対し説明会が行なわれました。

これは、この事業に対しての予算措置の都合上、8月上旬に臨時議会を開催することから、事前に詳しい説明をしたいとの執行部の要請を受けたものです。

政策財政部の中村政策推進官より、これまでの経緯並びに再現飛行の内容(予算)等、詳細に渡り説明がありました。

その中でも、今年は「日本航空史100年」を記念しての飛行が行なわれ、来年は、ミス・ビードル号太平洋無着陸横断飛行80周年記念・姉妹都市締結30周年の記念飛行と、2年に渡り2回の飛行が計画されているとのことについて、それぞれの目的に合った飛行計画がなされているか。

また、市民のこの計画に関わる事業等はあるのか。

などなど・・・計画内容のコンセプトに関わる質問が多く出されました。

さらに、予算においても市民と行政の負担をどの様に考えていくのか等、予算面においても様々な指摘がありました。

しかし、何れにしても実施することは決まっていますので市民参加の元、成功裡に終了することを心から祈りたいと思います。

三沢市の念願だった再現飛行・・・

太平洋は残念ながら飛行できませんが、三沢市を世界に発信できるこの機会を最大のチャンスと位置け!会派上げて協力することも再確認いたしました。

※この会派説明会では、別件で三沢市広域公共交通活性化再生総合事業についても説明がありました。この件につきましては後日、報告いたします。