2月21日(木)に告示された平成25年三沢市議会第1回定例会の一般質問ですが、今回は教育問題、環境問題、民生問題、行政問題の4点について質問いたします。

以下、通告した内容です。

なお、一般質問の登壇は3月7日(木)午前10時、トップバターです!

1、教育問題  三沢市小学校社会副読本について

平成16年3月25日発行(改訂版)の三沢市社会副読本に、三沢基地の記述がほとんどありません。

基地との共存共栄を標榜する三沢市にとって、とても大きな問題ではないでしょうか。

基地と共に繁栄してきた史実や、三沢基地の現状等を子ども達に正しく教えなければならないと思いますが副読本の改訂について当局のお考えを伺いたい。

2、環境問題 三沢市清掃センターにおける現状と整備計画について

清掃センターは昭和55年3の月竣工から既に33年経過しており、工事費も毎年増加傾向になっている。

毎年の工事費についても約8千万円から9千万円を費やしている現状の中、今後、清掃センターの施設延命を図るための計画や新しく建設する計画があるのか伺いたい。

3、民生問題 後期高齢者医療制度について

平成20年から始まった後期高齢者医療制度について、これまで国において様々な検討がされている。

そうした中、後期高齢者医療制度におけるこれまでの推移と三沢市の現状はどの様になっているか伺いたい。

4、行政問題 行政財産の使用許可について(ゼロ予算事業の推進)

平成18年の地方自治法改正により、行政財産の貸付範囲が拡大されたことを受け、設置者の決定に入札制度を導入し、収入の大幅アップを果たしている自治体が全国的に増えている。

そこで、三沢市も自主財源確保の手段の一つとして導入を検討すべきと考えるが当局のお考えを伺いたい。